レシピキーワード検索


ボブとアンジーのレシピ > 鮭といくらの親子丼 レシピ(作り方)

  • レシピを印刷する
  • MYページ登録
  • レビュー登録
  • レビューを見る
  • 友達に紹介

鮭といくらの親子丼

No.03338 鮭といくらの親子丼

栄養コメント

鮭にはビタミンA、B群や、D、Eのほか、DHA、EPAが含まれ、皮膚や粘膜の免疫向上、血行促進、炎症を抑えてアレルギー肌の改善に役立つと言われています。ほうれん草と組み合わせてとることで、貧血の予防も期待できます。

541 kcal
(1人分換算)
60分以上
所要時間の目安

所要時間の目安

評価
  • なし

レビュー 0件

MYレシピ  3人
カテゴリ 日本料理その他
ジャンル ご飯もの
調理方法 焼く煮る炊く

※クリックして各項目のレシピをチェック

材料4人分

生鮭 180g
大さじ1
みりん 大さじ1
少々
ほうれん草 1/2束
だし汁 100ml
薄口しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1
いりごま(白) 大さじ2
いくら 大さじ8
ご飯 丼4杯分(800g)

栄養 541 kcal(1人分換算)

たんぱく質 28.0g 脂質 10.3g
炭水化物 79.3g カルシウム 116mg
ナトリウム 645mg 食物繊維 2.1g

全ての栄養価を表示する

このレシピを携帯で確認できます。
お買い物時の材料チェックが簡単に!
QR

作り方

  • (1)生鮭は、焼いて骨、皮を取り、細かくほぐします。

  • (2)鍋に、(1)と酒、みりん、塩を入れて煮て、箸で混ぜながらそぼろ状にします。

  • (3)ほうれん草はゆでて1cmの長さに切り、だし汁、薄口しょうゆ、砂糖、塩で煮ます。

  • (4)ご飯にいりごまを合わせて、器に盛り、(2)、いくら、(3)を彩りよくのせます。

ワンポイントアドバイス

鮭にはビタミンA、B群や、D、Eのほか、DHA、EPAが含まれ、皮膚や粘膜の免疫向上、血行促進、炎症を抑えてアレルギー肌の改善に役立ちます。ホウレン草と組み合わせて摂ることで、貧血の予防も期待できます。

最新レビュー0件 このレシピについてのレビューはありません。

レビューを書き込む

鮭といくらの親子丼 レシピをお気に入り登録した人をチェックしよう!

MYレシピ登録者は 3人 です。他にも素敵なレシピを登録しているかも?今すぐチェック!
鮭といくらの親子丼 レシピが好きな人リスト

このレシピをMYレシピ登録するならこちらより!
鮭といくらの親子丼 レシピをお気に入り登録する

このレシピへの間違い・疑問点は こちら からお送り下さい。

ページトップへ