注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

プロに教わる料理技(基本のお菓子)

基本のドーナツ オールドファッション

  • Q初心者に作りやすい型の大きさは?リング型かボール型、どっちが作りやすい?
  • A市販されているリング型(直径約65mm)。オーソドックスですが使いやすいと思います。また、ボール型よりも火の通りがよいリング型の方が揚げやすいです。
  • Qキレイな割れ目を作るには?
  • Aキレイな割れ目を作るには、油の温度が決めて。160~170℃の範囲できちんと温度計をつかいましょう。170℃を超えると割れ目ができにくくなります。生地を入れたら温度が下がるので、温度計を見ながら調整します。写真の割れ目があるほうが、160~170℃で揚げた方。割れ目がない方が180℃近く。低めの中温でゆっくり揚げることで油の吸収量が増えるために割れ目ができます。割れ目ができなくても味に問題はありませんが、割れ目にこだわるなら調整してみましょう。
  • Q外が焦げすぎず、中までちゃんと火を通すポイントは?
  • A温度を計測しながら火加減を調節し、指定時間通りに揚げます。
  • Q100円均一で買ったドーナツ型がうまく使えません。型からキレイに抜くコツは?
  • A型にたくさん粉をつけておくと、型から外しやすいです。 あと、生地をしっかり冷やしておくことも、抜きやすさのポイントです。
  • Qドーナツの固さの違いの調節方法は?トレンドのふんわり感を出すコツは?時間がたっても柔らかいドーナツをつくるには?
  • Aレシピは変わってしまいますが、水分をお豆腐に置き換えるとふんわりとした食感になります。

プロフィール

監修 フードスタイリスト  丹羽 彰子(にわ あきこ)

洋菓子メーカーにて企画職として勤務し、退職後は料理研究家のアシスタントを経験。現在はウェブを中心に、レシピ提案、調理、スタイリング等を手がける一児の母。 専門・得意分野はお菓子とパン。 自家製酵母を育て、最近は自宅でパン教室も開催するなど、日々のパン作りをライフワークとするフードスタイリスト。

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について