注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

鮭のクレープ包み揚げレシピ

562Kcal(1人分換算)

鮭のクレープ包み揚げ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
卵は牛乳と共に、各種栄養素をバランスよく含んでいる食品の一つです。卵白はタンパク質(アルブミン)が主成分で、他に少量のビタミンB1を含んでいます。卵黄は糖質以外のほとんどの栄養素を含んでいます。

562Kcal

1人分換算
脂質 33.1g
糖質 34.6g
塩分(食塩相当量) 2g
コレステロール 378mg
ビタミンD 5.6μg
ビタミンB2 0.48mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ラジオ体操 151分

ラジオ体操

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • 鮭(缶詰)200g
  • 玉ねぎ1個
  • かたゆで卵4個
  • パセリ大さじ1杯分
  • マヨネーズ50g
  • 少々
  • こしょう少々
  • 溶き卵適量
  • パン粉適量
  • (クレープ)8~12枚
  • ・薄力粉108g
  • ・砂糖12g
  • ・塩少々
  • ・卵72g
  • ・牛乳252g
  • ・バター(無塩)42g

作り方

  1. (クレープを作ります。)

  2. 1

    クレープを作ります。薄力粉は粉ふるい器でふるっておきます。バターは電子レンジで30秒加熱し溶かしバターを作ります。

  3. 2

    ボウルにふるった薄力粉と砂糖と塩を入れ、混ぜ合わせます。そこに溶きほぐした卵、牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせていきます。

  4. 3

    タネがよく混ざったら、こし器を通します。(1)の溶かしバターを加えて、泡立てないように混ぜ合わせます。ラップをして冷蔵庫で1時間休ませます。

  5. 4

    フッ素加工のフライパンを熱し、焼き上げ用のバター1/8量を手早く塗り、(3)を1/8量を流し入れ、1~2分弱火で焼きます。ところどころ透き通って、まわりが泡だってきたら、裏返します。もう一面も薄く焼き色がつけば出来上がりです。残りも同様に焼きます。

  6. (仕上げます。)

  7. 5

    鮭は汁気を切って、細かくほぐしておきます。

  8. 6

    玉ねぎはみじん切りにし、バターで炒め、冷ましておきます。ゆで卵は細かくきざみます。

  9. 7

    (5)、(6)、パセリ、マヨネーズをよく混ぜ合わせ、塩、こしょうで味付けします。

  10. 8

    (7)を等分に分けてクレープで包み、爪楊枝で止めて、溶き卵、パン粉を付け、170~180℃の揚げ油で揚げます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について