注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

鯛の押し寿司レシピ

1,101Kcal(1コ分換算)

鯛の押し寿司

  • 印刷する
管理栄養士コメント
鯛は高たんぱくでありながら低カロリーな、ヘルシーな食材です。旨味成分としてイノシン酸を含んでいて、細胞の再生を助け、老化防止に効果があるとされています。

1,101Kcal

1コ分換算
脂質 9.1g
糖質 207.8g
塩分(食塩相当量) 11.6g
コレステロール 52mg
ビタミンD 5.9μg
ビタミンB2 0.21mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

睡眠 1376分

睡眠

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

押し枠2コ分

  • 鯛(上身)150g
  • 塩(塩じめ用)適量
  • つけ汁
  • ・酢50cc
  • ・塩小さじ1
  • ・砂糖大さじ1
  • 干しシイタケ6枚
  • 砂糖大さじ2
  • しょう油大さじ2
  • みりん大さじ2
  • 葉ラン適量
  • 木ノ芽適量
  • すしめし600g
  • 0.5L
  • みりん大さじ1
  • 60cc
  • 砂糖30g
  • 7g

作り方

  1. 1

    鯛は皮を取り除き、塩じめして酢洗いし、薄いそぎ切りにして、つけ汁に身が白っぽくなるまでつけ、布巾で軽く水気をふきます。

  2. 2

    干しシイタケは、うま煮にし、みじん切りにします。

  3. 3

    押し枠に葉ランをきっちりと敷き、(1)を一面に並べ、木ノ芽をのせます。

  4. 4

    すしめしをつくり、押し枠の半分くらいまで詰め、(2)を広げ、すしめしを詰め、あて葉ランをのせ、押し蓋で押します。

  5. ★押し枠のかわりにバットを使って、手軽につくることもできます。

ワンポイントアドバイス

鯛は高たんぱくでありながら低カロリーな、ヘルシーな食材です。旨味成分としてイノシン酸を含んでいて、細胞の再生を助け、老化防止に効果があるとされています。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」