注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

チョコレートクリームエスカルゴレシピ

261Kcal(1コ分換算)

チョコレートクリームエスカルゴ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
ココアにポリフェノールが多く含まれることはよく知られています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、細胞や血管の老化を防いでくれます。ただし、脂質を多く含み、多くの砂糖を組み合わせて摂りますので、摂り過ぎには注意しましょう。

261Kcal

1コ分換算
脂質 11.7g
糖質 29.1g
塩分(食塩相当量) 0.3g
コレステロール 138mg
ビタミンD 0.7μg
ビタミンB2 0.18mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ボウリング 88分

ボウリング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

8コ分

  • <ブリオッシュ生地>
  • 強力粉200g
  • 砂糖16g
  • 2g
  • インスタントドライイースト5g
  • 80g
  • 牛乳120g
  • 無塩バター65g
  • <チョコレートクリーム>
  • 卵黄2コ分
  • 砂糖40g
  • 薄力粉30g
  • ココア大さじ1
  • 牛乳200ml
  • バニラエッセンス少々
  • ドリュウル適量

作り方

  1. <生地を作ります>

  2. 1

    強力粉、砂糖、塩は合わせてふるい、パンミキサーのポットに入れて、インスタントドライイーストも合わせておきます。

  3. 2

    卵と牛乳を合わせ、仕込み水温(約28℃)にしておきます。

  4. ★手ごねの場合は、約30℃にします。

  5. 3

    パンミキサーのタイマーを20分に合わせ、羽を回転させながら、(2)を少しずつ加えます。

  6. 4

    生地がまとまれば、バターを加えます。

  7. 5

    回転が止まれば、中蓋をして、ポット内で第1次発酵をさせます。(約40分間)

  8. 6

    8等分に分割し、丸くまとめて、ベンチタイムをとります。(約10分間)

  9. <チョコレートクリームを作ります>

  10. 7

    卵黄と合わせてふるった砂糖、薄力粉、ココアを合わせ、牛乳を加えて溶きのばします。

  11. 8

    火にかけてトロミが付くまで練り混ぜ、火からおろします。

  12. 9

    荒熱が取れれば、バニラエッセンスを加えます。

  13. <成形します>

  14. 10

    生地を2×40cm位の帯状にのばします。

  15. 11

    チョコレートクリームをぬり、クルクルと巻きます。

  16. 12

    巻き終りをしっかり止め、オーブン皿に並べて、ホイロ(最終仕上げ発酵)します。(約40分間)

  17. 13

    表面にドリュウルをぬり、ガス高速オーブンで焼きます。(180℃に予熱し約10分)

ワンポイントアドバイス

ココアにポリフェノールが多く含まれることはよく知られています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、細胞や血管の老化を防いでくれます。ただし、脂質を多く含み、多くの砂糖を組み合わせて摂りますので、摂り過ぎには注意しましょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」