注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

鮎の田楽 甘酢生姜添えレシピ

124Kcal(1人分換算)

鮎の田楽 甘酢生姜添え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
鮎は主成分はたんぱく質ですが、カリウムやカルシウム、鉄分など様々なミネラルやビタミンA、B群、D、Eなどビタミンもバランスよく含んでいる魚です。夏バテ予防にぴったりの栄養豊富な食材です。

124Kcal

1人分換算
脂質 4g
糖質 9.7g
塩分(食塩相当量) 0.8g
コレステロール 50mg
ビタミンD 3.6μg
ビタミンB2 0.09mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

スケート 18分

スケート

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

8人分

  • 鮎(中)8尾
  • <田楽みそ>
  • ・白みそ100g
  • ・みりん大さじ2
  • ・出し汁大さじ5
  • ・蓼の葉20枚
  • 新しょうが100g
  • 甘酢
  • ・酢大さじ4
  • ・砂糖大さじ2
  • ・出し汁大さじ1
  • 蓼の葉(敷き用)10枝

作り方

  1. 1

    鮎は手の指に塩をつけ、逆手にこすってぬめりをとり、さっと洗って水気を拭き取ります。

  2. 2

    (1)に踊り串を打ち、振り塩をします。

  3. 3

    鍋に田楽みその材料を合わせて入れ、弱火で焦がさないように練り上げます。冷めてから刻んですりつぶした蓼の葉を混ぜ蓼味噌を作ります。

  4. 4

    (2)の鮎にサラダ油をふりかけ、ガス高速オーブンでこんがりと焼きます。(250℃ 10分)途中8分を経過したところで(3)の蓼みそを鮎の胴の部分に塗り、残り時間2分焼きます。

  5. 5

    新しょうがはきれいに洗って水気を拭き取り、ごく薄くスライスします。

  6. 6

    鍋に熱湯を沸かし、(5)をさっとくぐらせ、盆ざるにあげて振り塩をします。

  7. 7

    片方で甘酢の材料を入れて火にかけ、沸騰して砂糖が溶けたら火を止め、(6)を浸けます。

  8. 8

    皿に蓼の枝を敷き、(4)の鮎田楽を盛り付け、(7)の甘酢しょうがを添えます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について