注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

ココアバウムクーヘンレシピ

385Kcal(1人分換算)

ココアバウムクーヘン

  • 印刷する
管理栄養士コメント
外はシャリシャリ、中はしっとりやわらかく食感の違いが楽しめるバームクーヘンです。良質のたんぱく質や様々なビタミン、ミネラルが豊富な卵や、消化の良い乳脂肪が豊富なバターを使った栄養豊富なスイーツです。

385Kcal

1人分換算
脂質 22g
糖質 41.2g
塩分(食塩相当量) 0.1g
コレステロール 155mg
ビタミンD 0.6μg
ビタミンB2 0.12mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バドミントン 65分

バドミントン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • 2個
  • バター(食塩不使用)70g
  • 砂糖50g
  • 薄力粉50g
  • コーンスターチ30g
  • ココア10g
  • ベーキングパウダー小さじ1/3
  • (アイシング)
  • ・粉砂糖50g
  • ・水小さじ1 1/2
  • バター(焼き用・食塩不使用)適量

作り方

  1. 1

    卵とバターは室温に戻します。薄力粉、コーンスターチ、ココア、ベーキングパウダーは合わせて振るっておきます。

  2. 卵は卵黄と卵白に分けます。ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで混ぜます。砂糖30gを加えてもったりとなるまで混ぜ、さらに卵黄をひとつずつ加えてそのつど混ぜます。

  3. 2

    別のボウルに卵白を入れて、ツノがてば、砂糖20gを2~3回に分けて加えて、さらに泡立てて、メレンゲを作ります。

  4. 3

    (1)のボウルに、(2)の一部を加えてゆるめ、ふるっておいた粉類を加えて混ぜます。粉気がなくなれば、残りの(2)を加えてさっくり混ぜます。

  5. 4

    フライパンを160℃に熱し、バター(焼用)を薄くのばし、大さじ2程度の生地を流して両面を焼きます。続いて片面に大さじ1の生地をのせ、ひっくり返して焼きます。

  6. ガラストップコンロなどに搭載されている、天ぷら油温度キープ機能を使うと、自動的に火力を調節して、設定温度に保ちます。そのため温度調節のわずらわしさなく、おいしくバウムクーヘンが焼きあがります。

  7. 5

    同様にして好みの高さまで焼き続けます。粗熱がとれたら乾燥しないようにラップをかけて冷まします。※しっかり焼いたり、少し浅めに焼いたりと変化をつけると、切ったときにいろいろな層が楽しめます。

  8. 6

    粉砂糖と水をよく混ぜてアイシングを作ります。好みの大きさに切ったココアバウムクーヘンの表面にアイシングをかけて乾かします。

  9. 7

    バレンタインにぴったりの家庭で作れるココア味のバウムクーヘンです。薄く焼き上げた生地を何枚も重ねて作るのでカットすると木の年輪のような切り口になります。フライパンは直径18cmくらいの小ぶりのサイズのものを使うのがおすすめです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」