注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

焼いて作るカボチャの揚げだしレシピ

283Kcal(1人分換算)

焼いて作るカボチャの揚げだし

  • 印刷する
管理栄養士コメント
焼くことで油の使用量を減らしたヘルシーな揚げ出しです。カボチャに含まれているベータカロテンやビタミンEは脂溶性のビタミンですので、油と一緒にとることで吸収率が良くなり効率よくとることができます。

283Kcal

1人分換算
脂質 14g
糖質 29.9g
塩分(食塩相当量) 1.5g
コレステロール 28mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.14mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

デスクワーク 195分

デスクワーク

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • カボチャ200g
  • ダイコン60g
  • ※調味料
  • 片栗粉適量
  • サラダ油適量
  • (a)
  • ・水少々
  • ・卵1/4コ
  • (b)
  • ・出し汁100ml
  • ・淡口醤油大さじ1
  • ・みりん大さじ1

作り方

  1. 1

    カボチャは、ところどころ皮をむき、5cm長さの薄3mm厚さに切ります。ダイコンはおろして、軽く水気をきります。

  2. 2

    カボチャに(a)をつけ、片栗粉をまぶし、上からサラダ油をかけて焼きます。

  3. ※ガス高速オーブン 200℃ 約10分 又は オーブントースター 約6分(途中、焼き色がついても硬ければアルミホイルをかぶせます)

  4. 3

    (b)のみりんを鍋に入れ、よく沸かして煮切ります。出し汁、淡口醤油も加えて、天つゆを作ります。

  5. 4

    器に天つゆをはり、カボチャを盛り、ダイコンおろしを添えます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」