注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
ハロウィン
ベーコン

桜餅(関西風)レシピ

112Kcal(1コ分換算)

桜餅(関西風)

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
淡いピンクの色合いが春を感じる桜餅です。こしあんの原料小豆には糖質の代謝を促進するビタミンB1を多く含まれていますので、砂糖の主成分糖質を効率よくエネルギーに変える働きがあります。

112Kcal

1コ分換算
脂質 0.2g
糖質 23.2g
塩分(食塩相当量) 0.1g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.01mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ダンベル運動 11分

ダンベル運動

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

8コ分

  • 道明寺粉100g
  • 230ml
  • 食紅少々
  • 砂糖大さじ1
  • こしあん200g
  • 桜の葉の塩漬け8枚
  • 蜜(手水用) 砂糖1:水1

作り方

  1. 1

    こしあんは8等分にし、俵形に丸めておきます。桜の葉はしばらく水に漬けて塩抜きします。

  2. 2

    道明寺粉はサッと水で洗います。

  3. 3

    耐熱性容器に分量の熱湯と食紅を入れ、薄いピンク色の液にし、道明寺粉を加えて混ぜ、ラップをして電子レンジ加熱します。(強5分)

  4. 4

    一度とりだしよく混ぜ合わせ、更に電子レンジ加熱します。(強5分)

  5. 5

    (4)をボウルに出し、砂糖を加え、手早く木杓子で混ぜてぬれ布巾をかけて冷まします。

  6. 6

    (5)を8等分にし、手に蜜を付けてあんを包み、俵型に整えます。

  7. 7

    桜の葉は水気をふきとり、表を内側にして(6)を巻きます。

  8. <手水用蜜の作り方>

  9. 8

    鍋に砂糖と水を入れ火にかけ、沸騰すれば火からおろし荒熱をとります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について