注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

ぶりタレカツレシピ

566Kcal(1人分換算)

ぶりタレカツ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
冬に旬を迎えるぶりは、たんぱく質と脂質が豊富に含まれています。特に体内でカルシウムが吸収するのを助けるビタミンDが多く、 鉄分も豊富に含まれ、貧血に改善が期待できます。また不飽和脂肪酸のEPA、DHAを含んでいて、血中のコレステロールを下げて血液の流れを良くします。

566Kcal

1人分換算
脂質 36.9g
糖質 26.2g
塩分(食塩相当量) 2.7g
コレステロール 104mg
ビタミンD 8.1μg
ビタミンB2 0.43mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

散歩 215分

散歩

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    ぶりは骨と皮をとり、一口大のそぎ切りにし、塩を軽く振り、3~4分そのままにし、水気を拭いておきます。

  2. 2

    (1)の片面に混ぜ合わせた下味の材料を塗ります。

  3. 3

    (2)に薄力粉を薄くしっかりつけ、溶き卵をつけ、しっかりとパン粉をつけます。

  4. 4

    小鍋にたれの材料を入れ、火にかけ、沸騰したら火を止めます。

  5. 5

    フライパンにサラダ油を(約1cm)入れて熱し、(3)を揚げ焼きします。

  6. 6

    揚げたての(5)を(4)のたれにくぐらせ、皿に盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

脂ののった旬のぶりでお肉にも負けない満足の味。一切れで3枚カツができるのでボリュームアップでお得感もあります。ぶりにみそとみりんで下味をつけることで、ぶりの臭味が苦手な方でも食べやすくなります。さらにたれの甘さにはちみつを使うとまろやかな味わいに。薄力粉を薄くしっかりつけておくことで、衣がはがれにくくなります。少ない油で揚げ焼きにするので、調理後の処理も楽ちん。ご飯にのせて丼にしても、パンにはさんでカツサンドにするのもおすすめです。

日本酒にあう簡単おつまみレシピ特集もあわせてチェック♪

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について