手巻きずし

60分超過 644kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

具の切り方はのりで巻きやすい長さに切ります。きゅうりはお刺身と相性がいいので、細めに切って、他の具材と組合せて巻けるようにします。青じその他にプリーツレタスを巻いてもしゃきっとした歯ごたえでおいしいです。

■材料4人分

(すし飯)
・米3合
・昆布5cm
(合わせ酢)
・酢大さじ4
・砂糖大さじ1
・塩小さじ1
(具)
・まぐろ(刺身用)100g
・いか(刺身用)100g
・あまえび(刺身用)12尾
・いくら30g
・きゅうり1本
・アボカド1/2個
レモン1/6個
(卵焼き)作りやすい分量
・卵3個
・だし汁大さじ3
・砂糖大さじ1
・塩少々
・サラダ油小さじ2
焼きのり(手巻き用)20~30枚
青じそ8枚
わさび適宜
しょうゆ適宜

■作り方

(1)米は洗ってザルにあげ、約30分置いた後、少なめの水加減(または炊飯器のすし飯の分量)で、昆布を入れて炊きます。炊き上がったらすぐに飯台またはボウルに取り出し、合わせ酢を回しかけます。ご飯が合わせ酢を吸ったら、すぐにご飯を広げ、うちわであおぎながら切るように混ぜます。
(2)まぐろは長めに切り、いかは表面に切れ目を入れ、棒状に切ります。
(3)きゅうりは長さを3等分にし、棒状に切ります。
(4)アボカドは種を除き、くし形に切り、レモン汁をふりかけます。
(5)卵は溶きほぐし、だし汁、砂糖、塩を混ぜます。フライパンにサラダ油を熱し、卵焼きを作ります。焼き上がったら巻きすで形を整え、棒状に切ります。
(6)皿に具を並べ、すし飯、のり、青じそ、わさびを添えます。のりにすし飯をのせ、好みでわさびを塗り、好みの具を芯にして巻き、しょうゆをつけていただきます。
※卵焼きの卵は、実際1個分程度の分量を使用します。