鯛の身唐揚げ・宝あんかけ

60分超過 568kcal(1人分換算)

■材料4人分

1kg
少々
少々
片栗粉少々
揚げ油適量
干ししいたけ8枚
かまぼこ(紅)4~5cm
かまぼこ(白)4~5cm
えび12尾
うずら卵8個
れんこん8cm
たけのこ(ゆで)100g
にんじん1本
大根8cm
ぎんなん20個
手まり麩(生)8個
絹さや12枚
だし汁600ml
(調味料)
・酒大さじ2・1/2
・みりん大さじ2・1/2
・しょうゆ大さじ2・1/2
・塩小さじ1/2
水溶き片栗粉適量

■作り方

(1)鯛は三枚におろし、上身にして削ぎ切りにし、酒、塩で下味を付け、約10分間おきます。
(2)(1)に片栗粉を付け、180℃に熱した油で、表面が軽くキツネ色になり、身に火が通るまで揚げます。
(3)干ししいたけは戻して軸を取り、亀甲形に切ります。
(4)紅白のかまぼこは、1cmの厚さに切ります。
(5)えび、うずら卵はゆでて殻をむきます。
(6)皮をむいてゆでたれんこんは乱切りにし、たけのこはくし形切りにします。
(7)にんじん、大根は、7mmの厚さに切って梅型で抜き、下ゆでします。
(8)ぎんなんは殻を割って揚げ、薄皮を取ります。
(9)鍋にだし汁を煮立て、調味料を加え調味します。
(10)(9)に(3)を加え、少し煮てから、手まり麩、(4)~(8)の順に加えてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみを付けます。
(11)器に鯛の身の唐揚げを盛り、(10)の宝あんをかけ、色よくゆでて斜め半分に切った絹さやを添えます。
★絹さやの代わりに、グリンピースを散らしてもよいでしょう。
★鯛の頭と中骨・尾は塩をふってガス高速オーブンで焼き(250℃に予熱し約15分)、ともに盛ってもよいでしょう。