中華風伊達巻き

60分以下 320kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

にんにくの茎も、にんにく同様アリシンを含みます。アリシンはビタミンB1の吸収を助け、糖質をエネルギーに変える手助けをします。胃腸の働きをよくしたり、風邪の予防にも効果的です。

■材料4人分

4個
卵黄1個分
白身魚のすり身210g
(A)
・酒大さじ2
・砂糖大さじ2
・塩少々
・しょうが汁少々
サラダ油適量
(B)
・酒大さじ1/2
・塩少々
・チキンスープ大さじ2
にんにくの茎6本
ハム(1cm角の棒状)2本
ごま油適量
少々
こしょう少々
焼きのり1枚
片栗粉適量

■作り方

(1)白身魚のすり身(60g)はすり鉢でよくすり、よく溶きほぐした卵、卵黄を少しずつ加えてなめらかにすり混ぜ、(A)で調味します。
(2)流し缶(17×20cm)に薄くサラダ油を塗り、(1)を流し入れて、ガス高速オーブンで焼きます(200℃に予熱し、約7分)。
(3)焼き上がった厚焼き卵は、取り出しておきます。
(4)残りの白身魚のすり身(150g)は(B)を加え、なめらかに練り混ぜます。
(5)にんにくの茎はサッとゆで、ハムとともにごま油で炒めて、塩、こしょうをします。
(6)ふきんをのせた巻きすに(3)の厚焼き卵をのせ、表面に薄く片栗粉をふって浅草のりをのせ、(4)を一面に広げます。
(7)手前に(5)を並べ、クルリと巻きます。
(8)ふきんの両端をしっかりねじり、中火で約10分間、蒸します。
(9)器に輪切りにした(8)を盛ります。
★好みで、ラー油入りの酢しょうゆを添えてもよいでしょう。