ますのちらし寿司弁当

60分超過 495kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

マスにはカルシウムの吸収を高めるビタミンDが含まれています。高野豆腐には意外とカルシウムが豊富。組み合わせて摂ることで、カルシウムを有効利用できます。ちらし寿司は塩分が多くなりやすいので、血圧が高めの方は注意して。

■材料4人分

(すし飯)
・米0.4L
・昆布5cm角
・酒大さじ1/2
(合わせ酢)
・酢60ml
・砂糖30g
・塩小さじ1・1/2
・うま味調味料少々
(具)
・ます(上身)100g
・酒適量
(甘酢)
・酢25g
・砂糖9g
干ししいたけ4枚
高野豆腐1個
にんじん60g
(A)
・しいたけの戻し汁200ml
・酒大さじ1
・砂糖大さじ1
・薄口しょうゆ大さじ2
(飾り用)
薄焼き卵
・卵黄3個分
・塩少々
絹さや4枚

■作り方

(すし飯を作ります)
(1)米は洗ってガス炊飯器の炊飯釜に入れ、昆布を入れて水加減し、約1時間おきます。
(2)昆布を取りだし、酒を加えて再び水加減し、炊きます。
(3)合わせ酢と合わせます。
(具を作ります)
(4)ますは酒をふって蒸し煮にし、ほぐして甘酢をふります。
(5)しいたけと高野豆腐は戻して、にんじんと共にみじん切りにし、(A)で煮ます。
(6)卵黄に塩を加えて薄焼き卵を焼き、花形や蝶々の形に切ります。
(7)絹さやは色よくゆでて、飾り切りにします。
(仕上げます)
(8)(3)に(4)、(5)を混ぜ合わせ、(6)、(7)で飾ります。