さんまの手まりずし

60分超過 413kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

涼しい時期には、酢でさんまをしめているので、お弁当にもできます。また、しょうがの甘酢漬けを加えるだけで簡単なすし飯ができ、他のお漬物でアレンジしても美味しくできあがります。昆布を入れて炊いておくと冷めてももちもちでうま味もあるので、すし飯には特にお勧めです。

■材料2人分

さんま(刺身用)1尾
少々
適量
1合
昆布3cm角1枚
しょうがの甘酢漬け15g
青じそ2枚

■作り方

(1)さんまの刺身をひと口サイズに切り、軽く塩をふって5分程度置いておきます。出てきた水分を酢でサッと洗い、ふき取らずに10分程度なじませておきます。
(2)米を洗い、昆布を1枚入れて炊飯器のメモリに合わせて炊きます。炊き上がったら、細かく刻んだしょうがの甘酢漬けと青じそを加えてよく混ぜ、冷ましておきます。
(3)ラップにさんまを置き、ご飯をのせて4cmほどの大きさで丸く形を整え、盛り付けます。お弁当の場合は、ラップをしたままの方が食材が乾かなく、手も汚れないのでおすすめです。