鹿ヶ谷かぼちゃとたこのフリッター

20分以下 390kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

フリッターの衣は、卵を加えてふんわり感を出すのが定番ですが、油が多く含まれるので胃に負担がかかります。卵を加えず炭酸水で作る衣は、軽くサックリと仕上がりあっさり食べられるので胃が弱りやすい夏場にもお勧めです。また、卵を使わないことで衣が薄くなり、盛り付けたときに中身が見えやすくなります。炭酸水の代わりにビールを使うと、ほろ苦みがでて大人な味わいが楽しめます。

■材料2人分

鹿ヶ谷かぼちゃ100g
ズッキーニ100g
たこ60g
バジル6g
小麦粉大さじ6
片栗粉大さじ1
ガス(炭酸)入りミネラルウォーター1/4カップ
少々
揚げ油適量

■作り方

(1)鹿ヶ谷かぼちゃをひと口サイズに切ります。皮もやわらかく食べられるので皮はむかずに使います。
(2)ズッキーニはひと口サイズの輪切りに、たこもひと口サイズに切ります。
(3)ガス入りミネラルウォーターに小麦粉、片栗粉を加えてサックリと混ぜ、衣を作ります。ポイントは衣を練りすぎないこと。どろどろになってしまったら衣が重くなってしまうので、ガス入りミネラルウォーターと小麦粉を少し加えて衣を復活させてください。
(4)170℃の揚げ油で衣を付けた食材を揚げます。かぼちゃ、ズッキーニは2分程度、たこは1分程度、バジルは30秒程度が目安です。泡が大きくなり、少し泡が収まってきた時が、芯まで火が通った合図、引き上げのタイミングです。青じその天ぷらのように、バジルを切らずにフリッターにすると香りが楽しめ、見栄えもよく口直しに最適です。
(5)塩をふって盛り付けます。
※鹿ヶ谷かぼちゃが無ければ、普通のかぼちゃで代用できます。