牛もも肉のシュニッツェル

20分以下 388kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

肉たたきで叩いてから調理すると肉が大きくやわらかく頂けます。ない場合は包丁の先で肉の繊維を切りましょう。シュニッツェルはドイツ、オーストリアの肉料理。北イタリアを起源としてヨーロッパ各地に伝わったとされ、ミラノ風カツレツとして今もイタリアでも愛されています。一般には「仔牛のカツレツ」といわれますが、牛肉以外に豚肉や鶏肉を使ったり、食べ方もさまざま。コンロに温度キープ機能あがれば、(2)の工程で180℃にすると便利です。

■材料2人分

牛もも肉200g
適量
こしょう適量
強力粉適量
溶き卵適量
パン粉適量
ゆで卵1/2個
パセリ適量
レモン(薄切り)2枚
揚げ油適量

■作り方

(1)ゆで卵は黄身と白身に分けてそれぞれみじん切りにします。
(2)牛肉は肉たたきでたたいてのばし、塩、こしょうをします。強力粉、溶き卵、パン粉の順にフライ衣を付け、180℃の揚げ油で揚げます。
(3)(2)の上に(1)、パセリのみじん切りを彩りよくのせ、レモンの薄切りを飾ります。