鶏飯(けいはん)

60分超過 250kcal(1人分換算)

■ワンポイントアドバイス

鶏飯(けいはん)は、鹿児島県奄美群島の郷土料理です。江戸時代の頃、薩摩の役人をもてなすために始まり、「殿様料理」とも呼ばれています。パパイアのみそ漬けが無い場合は、たくあんでアレンジしてもよいでしょう。(3)の工程の時、温度キープ機能を使うと便利です(160℃)。

■材料4人分

1合
鶏ささ身120g
(A)
・鶏がらスープの素(顆粒)大さじ1
・水5カップ
・塩小さじ1
・しょうゆ大さじ1・1/3
・酒大さじ1・1/3
・みりん大さじ1・1/3
干ししいたけ6枚
(B)
・しょうゆ小さじ2
・砂糖小さじ1
2個
砂糖少々
少々
さやいんげん6本
パパイヤのみそ漬け適量
みかん皮適量
刻みのり適量
サラダ油適量

■作り方

(1)ご飯を炊いておきます。鶏ささ身をゆでて細かくさき、ゆで汁は残しておきます。ゆで汁に(A)を加えて煮立てます。
(2)干ししいたけはひたひたの水で戻して石突きを取り、千切りにします。戻し汁に(B)を加えて、干ししいたけを煮含めます。
(3)卵は溶きほぐし、砂糖、塩を加えて調味し、サラダ油をひいたフライパンで錦糸卵にします。
(4)さやいんげんは塩を加えた熱湯でゆで、冷水に取って水気を切り、斜め薄切りにします。パパイヤのみそ漬け、みかん皮は千切りにします。
(5)器にご飯を盛り、それぞれの具を彩り良くのせ、刻みのりを散らします。(1)のゆで汁をたっぷりかけていただきます。