232Kcal(100g分換算)

60+

いかなごの釘煮

  • 印刷する
管理栄養士コメント
骨ごと食べられるいかなごは、カルシウムの補給に適した魚です。カルシウムの腸内での吸収や骨への吸着を促すビタミンDも多く含まれているので、骨粗しょう症が気になる方、ストレスでイライラしやすい方にお勧めです。また鉄分も多いため、貧血気味の方にもお勧めです。大豆製品やひじきなどの非ヘム鉄を多く含む食材とブロッコリーや小松菜などのビタミンCを含む食材を一緒に摂取すると、鉄分の吸収がよくなり貧血の予防になります。

232Kcal

100g分換算
脂質 5.5g
糖質 24.3g
塩分(食塩相当量) 5.9g
コレステロール 200mg
ビタミンD 21μg
ビタミンB2 0.89mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

電車に立って 132分

電車に立って

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

生いかなご500g分

  • いかなご小500g
  • だし汁2/3カップ
  • ざらめ2/3カップ
  • しょうゆ180ml
  • 一味唐辛子少々

作り方

  1. 1

    鍋にだし汁、ざらめ、しょうゆを入れて煮立て、いかなごを入れて強火で30分ほどアクを取りながら煮ます。

  2. 2

    煮汁が少なくなってとろりとしてきたら、2回ほど鍋返しをして弱火でしばらく煮、一味唐辛子をふって混ぜ、火を止めます。

  3. ※好みで、だし汁の代わりに酒、みりんを加えて煮たり、一味唐辛子の代わりに刻んだしょうがをいかなごと一緒に煮たりしてもおいしいです。

ワンポイントアドバイス

兵庫県の瀬戸内沿岸(主に南西部)の名産品。春が旬の郷土料理です。毎年2月下旬頃のいかなご漁解禁から4月ごろまでの時期に、各家庭で手作りされます。炊き立てご飯はもちろん、おにぎりにもぴったりです。