82Kcal(1人分換算)

10

キャベツとゆずのコールスロー

  • 印刷する
管理栄養士コメント
キャベツに豊富なビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、肌荒れを予防するなど美容効果の高い栄養素です。更に柚子の果汁を加えることでより多くのビタミンCを取ることができます。にんじんのβカロテンとビタミンEには粘膜や皮膚を丈夫にする働きがあるため、相乗して美容効果がアップします。キャベツに豊富なビタミンUにより胃腸が整えられ、より効率的にこれらの栄養を吸収できるのでお勧めの組み合わせです。

82Kcal

1人分換算
脂質 6.9g
糖質 3.9g
塩分(食塩相当量) 0.9g
コレステロール 5mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.02mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

サイクリング 22分

サイクリング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • キャベツ1/8個(150g)
  • にんじん5cm
  • パセリ(みじん切り)大さじ1
  • 小さじ1/2
  • ゆず果汁大さじ1
  • マヨネーズ大さじ3
  • 砂糖小さじ2

作り方

  1. 1

    キャベツの芯を取り除き、1cm程度の角切りにします。にんじんはキャベツと同じくらいに薄く切り、同じく1cm程度の角切りにします。

  2. 2

    ボウルにキャベツとにんじん、塩を入れ、水分が出てくるまでしっかり押し付けながらもみます。

  3. 3

    出てきた水分は捨てずにそのまま、パセリ、ゆず果汁、マヨネーズ、砂糖を加えてよく混ぜて出来上がりです。

ワンポイントアドバイス

コールスローはレモン汁で作ることが定番ですが、ゆず汁で作ると優しい酸味で香りもよくなります。更に香りが強い方が好きな方はゆずの皮も刻んで加えてください。塩もみして出てくる水分も塩辛くないようなレシピなので、捨てずに一緒に盛り付けて混ぜながら美味しく食べられます。残ったら、パンにつけて食べてもよいでしょう。常備菜として冷蔵庫で数日保存できるので、えびとアボカドを加えてカクテルサラダにしたり、ハンバーグのソースにアレンジするのもお勧めです。