花粉症にレシピ 28件

検索条件

  • 主菜
  • 花粉症に
花粉症に
青背の魚のEPAでアレルギー症状を抑え、野菜のビタミンACEで抵抗力をつけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 鮭とじゃがいものレモンはさみ焼き

    • 10分以下
    • 276Kcal

    紫外線に負けない美肌作りにおすすめのレシピです。じゃがいもやレモンに豊富なビタミンCが、シミの原因となるメラニンを阻害し、コラーゲン生成を促進するため、美白だけでなくハリ・ツヤにも効果的です。更に鮭に含まれ赤い色のもとであるアスタキサンチンは抗酸化作用が非常に強く、肌の老化対策に役立ちます。レモンなどの柑橘類には光を浴びることでメラニンの沈着を促進する成分が含まれているので、食後に日光を浴びる朝食より、夕食にとるとよいでしょう。

    主材料:じゃがいも 鮭

  • まぐろと夏野菜の竜田揚げ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 222Kcal

    揚げ物料理ですが、まぐろを使うことでDHAやEPAが摂取でき、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化や高血圧が気になる方にも、揚げ物料理の中では夏野菜がたくさんとれるので、おすすめです。

    主材料:まぐろ(柵または薄切り) なす

  • まぐろの梅照り焼き

    • かんたん
    • 10分以下
    • 151Kcal

    まぐろは、良質のたんぱく質と不飽和脂肪酸のDHAやEPA、鉄、タウリン、ビタミンEなどを豊富に含んでおり、血液をサラサラにし、動脈硬化、高血圧の予防と改善に役立ちます。梅酒に多く含まれているクエン酸にも中性脂肪を下げ、血流改善効果があるため、様々な生活習慣病予防に適する主食として楽しめます。また、クエン酸には、疲れの原因となる乳酸を分解し、エネルギー代謝を活発にする働きがあり、疲労回復効果があると言われています。ちなみに、梅酒に含まれているクエン酸の含有率は、レモンの15倍、梅干しの6倍もあります。

    主材料:まぐろ(柵またはスライス) 玉ねぎ 梅酒

  • 納豆チリコンカン

    • かんたん
    • 30分以下
    • 351Kcal

    納豆は良質なたんぱく質、食物繊維が豊富です。血栓を溶かすナットウキナーゼも含まれています。ビタミンB2も豊富で、脂質の代謝を活発にしてくれます。牛肉に含まれる脂肪とトマトを一緒に食べると、トマトに含まれる抗酸化作用のあるリコピンの吸収が良くなります。

    主材料:納豆 ミックスビーンズ 牛ひき肉 玉ねぎ

  • 鮭と塩レモンのホイル焼き

    • 60分以下
    • 126Kcal

    鮭は、良質のたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンD、カルシウムが豊富に含まれています。また、アスタキサンチンという抗酸化作用が期待できる成分も含まれています。塩レモンのまろやかな酸味と香りが食欲をアップさせ、気分をリフレッシュさせてくれます。

    主材料:生鮭(切り身) 塩レモン(7mm厚の薄切り)

  • 鮭とかぶらの酒粕甘煮

    • 30分以下
    • 238Kcal

    かぶらの根はビタミンCを多く含み、でんぷん消化酵素のアミラーゼを含んでいます。胸焼けや食べ過ぎの不快感を取って整腸作用があります。葉も使うことでカロテン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維なども摂取でき、鮭の栄養効果も含め、バランスの取れた胃腸の弱っているときにお勧めの食事です。

    主材料:鮭(切り身) かぶ

  • 鮭のしっとり柚庵焼き

    • 60分以下
    • 145Kcal

    鮭にはビタミンEやB群、抗酸化作用の高いアスタキサンチンが多く含まれているため、風邪、皮膚疾患の改善と予防、抗ストレス作用の効果があります。皮の方が栄養価が高いゆずは、ビタミンCが果汁の4倍近く含まれているので、皮ごと使うことで効率よく摂取できます。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があり、鮭の効果をより引き立ててくれます。

    主材料:鮭(切り身) ゆず(薄切り)

  • さわらのれんこんまんじゅう

    • 60分以下
    • 148Kcal

    れんこんに豊富なビタミンCは、加熱しても分解されにくいです。そのため、風邪予防や美肌効果があり、さわらと合わせるとさらに働きがよくなります。

    主材料:さわら(切り身) れんこん

  • 鮭とじゃがいもの揚げ団子

    • 20分以下
    • 97Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭はDHAやEPAが豊富で生活習慣病予防に働きます。鮭のカルシウムとじゃがいものビタミンCは、相乗効果で吸収力が上がる組み合わせです。ビタミンCは加熱すると壊れやすいですが、じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。

    主材料:じゃがいも 鮭フレーク(市販) ホールコーン(缶詰または冷凍)

  • さわらのゆずかぶ蒸しくず仕立て

    • 60分超過
    • 146Kcal

    さわらには、ビタミンB2、D、カリウム、DHA、EPAなどの栄養が豊富に含まれています。また、カルシウムの吸収を促進する効果のあるビタミンDの含有量が多く、骨の健康維持に役立ちます。

    主材料:さわら かぶ 水溶きくず粉

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す