レシピの検索結果 1865件

検索条件

  • 主菜
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • えびの照り煮

    • 30分以下
    • 36Kcal
    • 塩分控えめ

    えびは古来より縁起物として扱われてきた食材で、種類も豊富です。えびには、うま味成分「グリシン」「アルギニン」「ベタイン」などの成分が含有されており、コレステロールの低下や肝機能向上、老化防止などの効果があるとされています。

    主材料:えび(有頭)

  • いわし団子のみそ風味揚げ

    • 60分以下
    • 40Kcal
    • 塩分控えめ

    いわしはDHAやEPAを豊富に含み、血液をサラサラにする効果が期待できます。また、ビタミンB2も多く含んでいますので、脂質代謝を促進します。ビタミンB6は、揚げ物の油が気になる方は積極的にとりたい栄養素です。

    主材料:いわし 赤みそ

  • 鮭の昆布巻き煮

    • 60分超過
    • 44Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭は、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が豊富に含まれています。また免疫力強化などが期待される強い抗酸化作用をもつアスタキサンチンを含んでいます。昆布のヌルヌル成分、アルギン酸は食物繊維の1種です。血糖値の急な上昇を防ぎ、血中のコレステロール値を下げる作用があります。

    主材料:生鮭(上身) 昆布

  • えびの姿揚げ

    • 20分以下
    • 52Kcal
    • 塩分控えめ

    えびの殻にはキチン(不溶性食物繊維)が含まれています。この成分は免疫力を高め、血中コレステロールを下げる作用があり、殻ごと食べたい食材です。

    主材料:えび(有頭) ネットライスペーパー

  • 結びきすの柚庵焼き

    • 60分以下
    • 54Kcal
    • 塩分控えめ

    きすは脂肪分が少なく低カロリーな魚で、ビタミンDを多く含んでいます。カルシウムだけをとっていてもビタミンDが不足していては骨は強くなりません。骨密度の低下が気になる方にお勧めです。

    主材料:きす

  • いわし団子の揚げ煮

    • 60分以下
    • 54Kcal
    • 塩分控えめ

    いわしは不飽和脂肪酸のEPAを多く含むため、血行を促進して代謝を高め、冷え性改善に効果が期待できます。しょうがにも身体を温める働きがあるとされていますので、冷え性の方にお勧めの組み合わせです。

    主材料:いわし(すり身)

  • チーズと野菜の卵焼き

    • 60分以下
    • 61Kcal
    • 塩分控えめ

    チーズのたんぱく質は消化がよく、ビタミンやミネラルと結合して、吸収を促進する効果があります。また、カルシウムとリンの割合が、理想とされる1対1になっており、非常にミネラルのバランスがよい食品です。

    主材料:プロセスチーズ じゃがいも 卵

  • とうがんと鶏ささ身のしょうがあんかけ

    • かんたん
    • 60分超過
    • 63Kcal

    とうがんとささ身と合わせた低カロリーでダイエットに最適なレシピです。とうがんに豊富なカリウムは利尿作用を促進し、むくみ改善に効果的です。とうがんに含まれる食物繊維は水溶性と不溶性のバランスがよく、便秘解消に役立ちます。また、紫外線対策に効果的なビタミンCも豊富な為、女性に嬉しい食材です。とうがんは身体の熱を発散させる効能がありますが、冷え性の方でも身体を温めるしょうがをふんだんに使用することで気にせず食事に取り入れることができます。

    主材料:とうがん 鶏ささ身

  • わかさぎの焼き南蛮漬け

    • 60分以下
    • 64Kcal

    わかさぎは骨がやわらかいため、骨ごと食べられますので、カルシウム、鉄分、リン、などのミネラルがたっぷりとれる魚です。油を使わない焼き南蛮漬けは、カロリーが控えめなのでダイエット中の方も安心して食べられます。

    主材料:わかさぎ

  • 木の葉形の変わりごぼう天

    • 60分以下
    • 68Kcal
    • 塩分控えめ

    野菜や豆腐がたっぷり入ったごぼう天は、良質のたんぱく質や食物繊維、ビタミン、DHA、EPAなど、いろいろな栄養素が入った一品です。豆腐などの低脂肪な食材を多く入れることで、カロリーが低くなっているのもうれしいですね。

    主材料:ごぼう あじ(おろしたもの)

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す