オーラルケアレシピ 7件

検索条件

  • おつまみ(お酒)
  • オーラルケア
オーラルケア
唾液が減ると口の中の自浄作用が弱くなり、虫歯や歯周病、口臭が発生しやすくなります。口の渇きを止め、粘膜を保護する食事や、食物繊維をたくさん含む食材を「良く噛む」ことで、唾液の分泌量を多くし、お口が潤うよう心がけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 炒めセロリのオレンジヨーグルトソース

    • 10分以下
    • 43Kcal
    • 塩分控えめ

    血圧が高い方や、肩こりがひどい方など、ガンガンするような頭痛の原因は、カルシウム不足である可能性が大きいです。血管を収縮する時に働くカルシウムが不足すると、脳からの指令で、骨に蓄えられたカルシウムを放出してでも、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨から放出されたカルシウムは、通常より細胞内に入り込みやすく、血管の細胞を過剰に収縮させて、精神的な緊張や、疲れた時に頭痛や肩こりを引き起こします。また、血圧も上昇させてしまいます。普段からカルシウムを摂取することで頭痛予防になり、セロリの香り成分アピインの鎮痛作用で頭痛を和らげてくれます。

    主材料:セロリ ネーブル プレーンヨーグルト

  • アスパラとツナのヨーグルトサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 60Kcal
    • 塩分控えめ

    疲れやすい季節の変わり目は、おなかの調子が悪くなることも多く、そこからさらにストレスが溜まることも。アスパラの疲労回復効果に加え、ヨーグルトの乳酸菌が腸内改善を促し、ストレス改善に役立つレシピです。

    主材料:グリーンアスパラガス ツナ(缶詰) プレーンヨーグルト(無糖)

  • さつまいもの水切りヨーグルトサラダ

    • 60分超過
    • 241Kcal

    腸内に増えた悪玉菌が作り出す悪性物質は、腸の動きを鈍くしてしまうので、食物繊維をよくとっていても便秘になってしまいます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内を酸性に整え、悪玉菌を抑制し、腸を活性化させてくれます。腸に届くまでに強い胃酸などで死んでしまいますが、その分解物質が腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境改善に働きます。植物性由来の乳酸菌は比較的強く、また、有胞子乳酸菌など腸内まで生きたまま届くものだと早い効果が得られます。

    主材料:さつまいも プレーンヨーグルト(無糖)

  • 塩こうじ入りポテトサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 160Kcal

    じゃがいもには、熱で壊れにくいビタミンC、たんぱく質の合成を助けるビタミンB6が豊富に含まれています。腸内環境を整える効果のある塩こうじとヨーグルトがベースのヘルシーな和風ポテトサラダです。

    主材料:じゃがいも ツナ(缶詰・ノンオイルタイプ) プレーンヨーグルト

  • 鮭入りポテトサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 145Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭に豊富に含まれるビタミンAやビタミンDは脂溶性のビタミンなので、マヨネーズを使うことで油分と一緒に摂取でき、吸収がよくなります。

    主材料:鮭(甘塩) じゃがいも

  • スモークサーモンと鶏ささ身のサラダ仕立てヨーグルトドレッシング

    • 20分以下
    • 189Kcal

    腸内のビフィズス菌は乳酸菌をえさとして増え、悪玉菌を抑制します。腸内の有害菌を排除し、腸を健康に整えることで、便秘改善の他、免疫機能が増強し、風邪などの感染症にも効果的に働くと言われています。

    主材料:鶏ささ身 スモークサーモン モッツァレラチーズ プレーンヨーグルト

  • トロピカルフルーツの酢豚風

    • 60分以下
    • 476Kcal

    マンゴーは抗酸化作用のあるβ-カロテンやビタミンCが豊富な、アンチエイジングに役立つフルーツです。また、肉のたんぱく質を分解する酵素を含んでいますので、豚肉がやわらかく仕上がります。

    主材料:豚もも肉(ブロック) マンゴー たけのこ(ゆで)