レシピの検索結果 88件

検索条件

  • 作り置き
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • きゅうりの塩昆布漬け

    • 60分以下
    • 8Kcal
    • 塩分控えめ

    きゅうりは、カリウムや、利尿作用のある成分を含んでおり、身体にこもった熱を取り除く作用があるため、夏バテを解消する効果が期待できます。

    主材料:きゅうり 塩昆布(細切り)

  • 聖護院かぶと塩レモンの浅漬け

    • 60分以下
    • 12Kcal
    • 塩分控えめ

    かぶには、ビタミンCが豊富に含まれています。また、消化を助けるアミラーゼという酵素が含まれていますので、食べ過ぎによる胸やけなどを防ぎ、整腸効果も期待できます。

    主材料:聖護院かぶ 塩レモン(7mm厚の薄切り)

  • チンゲン菜とにんじんの昆布浅漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal
    • 塩分控えめ

    チンゲン菜に豊富なビタミン、ミネラルがそのまま生で摂取でき、にんじんを加えることでより栄養価が高まります。チンゲン菜に豊富なアルカリ性ミネラルは胸焼けに、昆布も同様に効果が認められており、組み合わせることでより効果が期待できます。切り昆布は消化に時間がかかり胃に負担がかかるので、粉末の昆布茶を使うことで消化負担を減らすことができます。毎日の献立にもお進めの簡単で胸焼け対策に役立つ即席常備菜です。

    主材料:チンゲン菜 にんじん 昆布茶

  • みょうがとなすのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal

    みょうがに含まれる精油成分α-ピネンの、発汗、利尿作用の促進効果により、体にこもった余分な熱を排出することができます。更になすを組み合わせることで、なすに豊富なカリウムが、より体の熱を発散してくれます。冷やし過ぎは気になりますが、みょうがには血流を良くする効果もあり、反対に体を適度に温めることもできます。余分な熱を排出しながら冷え過ぎを緩和できる、夏バテ対策には最適な組み合わせです。利尿作用が強いことから、むくみ改善、デトックス効果も期待できます。

    主材料:なす みょうが 青じそ

  • 鉄砲漬け

    • 60分超過
    • 18Kcal

    うりはカリウムが多く含まれている野菜です。暑い季節は汗と一緒にナトリウムやカリウムが排出されてしまいます。汗をかいた時は水分だけでなくミネラルも一緒に補給するように心がけましょう。

    主材料:うり(しろうり、縞うり) なす にんじん みそ 酒かす

  • エリンギと菜の花のからし浸し

    • かんたん
    • 10分以下
    • 18Kcal
    • 塩分控えめ

    エリンギに豊富な不溶性食物繊維により、腸内の有害物質を効率よく排出し、便秘・整腸を促し、腸が整うことで免疫力がアップします。エリンギにはビタミン類とミネラル分も豊富ですが、菜の花を組み合わせることで、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが補給できます。からしの殺菌効果も含め、免疫強化に効果的な組み合わせです。

    主材料:エリンギ 菜の花 練りからし

  • 簡単レタスときゅうりのナムル

    • かんたん
    • 10分以下
    • 20Kcal
    • 塩分控えめ

    手間なくサッと追加できる簡単でヘルシーな一品。作り置きにも便利です。きゅうりに豊富なカリウムが身体のほてりを取り、暑苦しさを緩和させてくれます。レタスに豊富な睡眠効果が効率よく働き、蒸し暑い夏の夜の快眠対策につながります。

    主材料:レタス きゅうり

  • キャベツとしょうがのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 22Kcal
    • 塩分控えめ

    キャベツに豊富なビタミンCは風邪予防や疲労回復に働きます。更にしょうがを加えることで体が温められ、より風邪予防に効果的です。また胃腸の調子が良くないと十分に栄養を吸収できません。キャベツのビタミンUは胃や十二指腸の粘膜を丈夫にし、消化吸収の負担を軽くして健康に導いてくれます。

    主材料:キャベツ 青じそ

  • ジンジャーシロップティー

    • かんたん
    • 30分以下
    • 25Kcal
    • 塩分控えめ

    体を内部から温め血行を良くし、代謝を活発にする働きがあるしょうが。シロップ煮にして常備しておけば、手軽に朝の代謝アップにドリンクとして飲むことができます。また抗酸化作用もあるので、美容効果も期待できます。

    主材料:紅茶(茶葉) しょうが 三温糖

  • 豆苗とほうれん草ののりナムル

    • かんたん
    • 10分以下
    • 26Kcal
    • 塩分控えめ

    造血のビタミンとも言われる葉酸が豊富な豆苗に加え、更に含有量の豊富なほうれん草を組み合わせることで、妊活中の男女、妊娠・授乳中の方のよりよい身体づくりや、子どもの順調な発育に、葉酸の効果が期待できます。さらに、妊娠中に不足しやすい鉄分も補え、貧血を防ぎ、疲労回復や心の状態の安定にもつながります。

    主材料:豆苗 ほうれん草 韓国のり

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す