髪の健康レシピ 17件

検索条件

  • 髪の健康
髪の健康
髪の成長には良質のたんぱく質をとることが一番。さらにその成長を助けるビタミンやミネラルもバランスよくとりましょう。豆、ごま、海藻類、野菜、菌類(キノコ等)、イモ類を中心に、肉類や乳製品は控えめにしましょう。また、脂っこいもの、刺激物、甘いものなども控えめに、和食中心のヘルシーな食事を心がけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 蒸し魚の和風カレーあんかけ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 166Kcal

    不足しがちな野菜やきのこ類を100g以上とることができる主菜です。カレー風味なので野菜が食べやすく、また汁気のあるあんかけは食事の満足感を得やすく、食べすぎを防ぐこともできます。

    主材料:鮭 もやし 絹さや にんじん えのきたけ きくらげ カレー粉

  • ねぎとまぐろの鍋

    • かんたん
    • 20分以下
    • 170Kcal

    まぐろの赤身は脂質が少ない分カロリーが低く、特に血合い部分にはタウリンやビタミンEが多く含まれています。また、まぐろの鉄分やビタミンB12は、青ねぎに含まれる葉酸とともに、貧血予防に作用します。

    主材料:まぐろ(赤身) 青ねぎ

  • 豚肉の紅茶煮

    • 60分超過
    • 176Kcal
    • 塩分控えめ

    紅茶で肉を煮るとくさみが消え、タンニンが脂肪を溶かすのでさっぱりとやわらかく仕上がります。紅茶に含まれるカフェインは、体内の脂肪を燃焼させる働きがあり、カテキンにはコレステロールや中性脂肪を低下させる効果があります。

    主材料:豚ヒレ肉 紅茶(茶葉・アールグレイ)

  • かつおの漬け焼き

    • かんたん
    • 60分以下
    • 179Kcal

    ご飯にもよく合う1品です。かつおは血液をサラサラにする働きのあるEPAや、脳の働きを活性化するとされるDHAを多く含む魚です。生活習慣病予防や老化防止に役立ちます。

    主材料:かつお(上身)

  • かつおの木の芽焼き

    • かんたん
    • 20分以下
    • 180Kcal

    かつおはたんぱく質をはじめビタミンA、B1、B2、B12、鉄分などのビタミンやミネラルも豊富に含む栄養価の高い魚です。食欲増進に効果があるとされる木の芽と一緒にとることで、スタミナアップに役立ちます。

    主材料:かつお(上身) 木の芽

  • たらと豆腐のヘルシーみぞれ鍋

    • かんたん
    • 20分以下
    • 184Kcal

    たらは低脂肪で消化のよい良質のたんぱく質食品なので、離乳食や介護食などにもお勧めです。でんぷんの消化を助ける酵素を含む大根との組み合わせは、弱った胃腸に優しく働きます。

    主材料:たら(甘塩) 絹ごし豆腐 大根

  • 鮭とかぶの粕汁鍋

    • 60分以下
    • 227Kcal

    酒粕はたんぱく質や食物繊維、ビタミンB群が豊富で、アルコール分が身体を温めてくれることで知られています。そのほかにも血圧を下げ、老化防止、抵抗力アップ、美肌効果など、様々な効能が期待できます。

    主材料:鮭(切り身) かぶ こんにゃく 酒粕

  • かつおの玉ねぎソース

    • 30分以下
    • 229Kcal

    かつおの栄養価はレバーに匹敵すると言われており、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。特にビタミンDが豊富で100gで1日に必要なビタミンDを補給できます。

    主材料:かつお(刺身用・皮なし) 玉ねぎ

  • 牛肉と水菜のハリハリ鍋風

    • 20分以下
    • 231Kcal

    牛の赤身肉には良質な鉄分が豊富に含まれています。水菜に豊富なビタミンCと一緒にとることで、更に鉄分の吸収率が上がるとされています。貧血気味の方や肌色をよくしたい方にお勧めの組み合わせです。

    主材料:牛赤身肉(薄切り) 水菜

  • 鮭の朴葉焼き

    • 60分以下
    • 253Kcal

    鮭はEPA、DHAを豊富に含み、生活習慣病予防に効果が期待できます。また、鮭ときのこ類には、カルシウムの吸収と沈着を助けるビタミンDが多く含まれ、骨の成長、維持に重要な役割を果たしています。

    主材料:生鮭(上身) まいたけ しめじ 栗の甘露煮