冷え性にレシピ 418件

検索条件

  • 冷え性に
冷え性に
冷たい食品や料理は冷え性の原因となります。体を温める食品や血行を促進する食品を積極的に取り入れましょう。また、自覚症状のない隠れ貧血も冷え性の原因となるので、鉄分の多い食品も摂るようにしましょう。バランスの良い食事を摂ることが基本です。三大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質、血液循環を促すビタミンEも欠かせません。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 山椒鍋

    • かんたん
    • 60分以下
    • 154Kcal

    冬においしいたらは非常に脂肪分が少ないので、カロリーを気にする方も比較的安心して食べられます。塩が効いていることが多いので味は加減するとよいでしょう。山椒は冷え性緩和、消化不良改善、基礎代謝の活性化などの効果が期待できます。

    主材料:たら 粉山椒 白菜 ほうれん草 長ねぎ

  • 豆腐とたらこのチゲ

    • 60分以下
    • 418Kcal

    たらこはコレステロールや塩分が高いことで悪者扱いされることが多いのですが、ビタミンEやビタミンB1、B2、タウリンが多く含まれ、老化防止、疲労回復、皮膚の健康維持、コレステロールの低下などに作用します。

    主材料:豚もも肉(薄切り) 木綿豆腐 たらこ ズッキーニ トック(韓国もち)

  • かきの中華風衣揚げ

    • 60分以下
    • 282Kcal

    かきに豊富に含まれる亜鉛は、体内の様々な酵素の構成成分となり、細胞を新しく作り出したり、生殖機能、免疫機能の維持に関与しています。味覚や嗅覚を正常に保つ働きもあります。

    主材料:かき(むき身) 卵 青ねぎ(みじん切り) 片栗粉 薄力粉

  • あさりとブロッコリーのパスタ

    • 60分以下
    • 514Kcal

    あさりには貧血の予防と改善に有効な鉄分とビタミンB12が豊富に含まれています。ブロッコリーに含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を高め、有効利用できるようにしてくれます。

    主材料:あさり ブロッコリー にんにく リングイネ

  • 鶏肉のオーブン焼き

    • 60分以下
    • 769Kcal

    骨付きの鶏もも肉は、コラーゲンが豊富に含まれます。じゃがいもには、加熱しても壊れにくいビタミンCが多く含まれているので、コラーゲンの生成を助け、肌のハリや弾力をアップさせてくれます。

    主材料:鶏もも肉(骨付き) じゃがいも とうもろこし(ゆで)

  • パプリカ風味のビーフシチュー

    • かんたん
    • 60分超過
    • 478Kcal

    にんじんとピーマンのβ-カロテン、トマトのリコピン、とカロテノイドの抗酸化作用をめいっぱいとれるレシピです。パプリカパウダーは風味付けのほかに、疲労回復や肥満予防、美肌作りにも効果的です。

    主材料:牛肉(シチュー用) 玉ねぎ じゃがいも にんじん ピーマン 小麦粉

  • いわしの梅干し煮

    • かんたん
    • 60分以下
    • 301Kcal

    梅干しの酸味は食欲を増進させ、疲労回復に役立ちます。不飽和脂肪酸を豊富に含むいわしは、血流をよくして栄養を身体の隅々まで行き渡らせる働きが期待できますので、夏バテ予防に役立つ組み合わせです。

    主材料:いわし 梅干し

  • かきの土手鍋

    • 60分超過
    • 230Kcal

    かきは「海のミルク」と言われるほど、栄養を豊富に含んでいる食材です。中でも鉄分やビタミンB12は造血作用に役立つので、貧血気味の方にお勧めのメニューです。

    主材料:かき 白菜 焼き豆腐 白みそ