花粉症にレシピ 131件

検索条件

  • 花粉症に
花粉症に
青背の魚のEPAでアレルギー症状を抑え、野菜のビタミンACEで抵抗力をつけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 豆苗と納豆の麻婆豆腐

    • 20分以下
    • 273Kcal

    妊娠中の母体の健康を保ち、胎児の成長を健全に促し、母乳を良質に整える効果のある葉酸が豊富なレシピです。更に豆苗、豆腐、納豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをして体調を整えてくれます。妊活中、妊娠中、授乳中の女性だけでなく、育児中の男性にも葉酸の効果は期待されているので、ぜひ取り入れてみて下さい。

    主材料:絹ごし豆腐 豆苗 納豆(たれ付き) キムチ

  • 炒めセロリのオレンジヨーグルトソース

    • 10分以下
    • 43Kcal
    • 塩分控えめ

    血圧が高い方や、肩こりがひどい方など、ガンガンするような頭痛の原因は、カルシウム不足である可能性が大きいです。血管を収縮する時に働くカルシウムが不足すると、脳からの指令で、骨に蓄えられたカルシウムを放出してでも、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨から放出されたカルシウムは、通常より細胞内に入り込みやすく、血管の細胞を過剰に収縮させて、精神的な緊張や、疲れた時に頭痛や肩こりを引き起こします。また、血圧も上昇させてしまいます。普段からカルシウムを摂取することで頭痛予防になり、セロリの香り成分アピインの鎮痛作用で頭痛を和らげてくれます。

    主材料:セロリ ネーブル プレーンヨーグルト

  • 具沢山なめこの納豆汁

    • かんたん
    • 10分以下
    • 77Kcal

    なめこに含まれれるぬめりの主成分コンドロイチンが肌の乾燥を防いでしっとり肌に導いてくれます。また、抗酸化作用が高く、肌の老化を防いてくれるビタミンCが豊富な小松菜、女性ホルモンをサポートし肌荒れ改善に働くイソフラボンが豊富な納豆を組み合わせることで、美肌効果がより効率よく得られます。

    主材料:なめこ 納豆 小松菜

  • エリンギ納豆

    • かんたん
    • 10分以下
    • 124Kcal
    • 塩分控えめ

    ナットウキナーゼの血液サラサラ効果、イソフラボンの更年期症状の緩和など、納豆には様々な効能があります。腸の中の善玉菌を増やし整腸を促す効果も大きく、エリンギと組み合わせることで、食物繊維が便秘を予防・改善し、より効果的に腸を整えることが出来ます。美腸を目指す方におすすめの簡単1品です。

    主材料:納豆 エリンギ 長ねぎ 大根(おろし)

  • あじ刺しと玉ねぎの甘酢しょうが和え

    • 10分以下
    • 61Kcal
    • 塩分控えめ

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝をよくすることで、疲労回復にもつながります。また、あじに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的な組み合わせです。酢の効果で疲労回復が促され、冷たい料理ですが、しょうがが体を温めてくれるので、冷え性の方にも向いており、一日の疲れを取り除く夕食にお勧めです。

    主材料:あじ(刺身用) 玉ねぎ 生わかめ しょうがの甘酢漬け

  • 玉ねぎと納豆の梅しそ焼き

    • 10分以下
    • 141Kcal
    • 塩分控えめ

    玉ねぎに含まれる硫化アリルには、血液中の余分な糖や脂質を減らす働きの他、ビタミンB1の吸収を促すので、納豆と一緒に取ればビタミンB1による、疲労回復や不眠改善などの効果アップにもつながります。また、納豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることから、更年期障害や骨粗しょう症の予防に効果が期待できます。

    主材料:玉ねぎ 納豆 青じそ

  • 鮭とじゃがいものレモンはさみ焼き

    • 10分以下
    • 276Kcal

    紫外線に負けない美肌作りにおすすめのレシピです。じゃがいもやレモンに豊富なビタミンCが、シミの原因となるメラニンを阻害し、コラーゲン生成を促進するため、美白だけでなくハリ・ツヤにも効果的です。更に鮭に含まれ赤い色のもとであるアスタキサンチンは抗酸化作用が非常に強く、肌の老化対策に役立ちます。レモンなどの柑橘類には光を浴びることでメラニンの沈着を促進する成分が含まれているので、食後に日光を浴びる朝食より、夕食にとるとよいでしょう。

    主材料:じゃがいも 鮭

  • アスパラとツナのヨーグルトサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 60Kcal
    • 塩分控えめ

    疲れやすい季節の変わり目は、おなかの調子が悪くなることも多く、そこからさらにストレスが溜まることも。アスパラの疲労回復効果に加え、ヨーグルトの乳酸菌が腸内改善を促し、ストレス改善に役立つレシピです。

    主材料:グリーンアスパラガス ツナ(缶詰) プレーンヨーグルト(無糖)

  • さつまいもの水切りヨーグルトサラダ

    • 60分超過
    • 241Kcal

    腸内に増えた悪玉菌が作り出す悪性物質は、腸の動きを鈍くしてしまうので、食物繊維をよくとっていても便秘になってしまいます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内を酸性に整え、悪玉菌を抑制し、腸を活性化させてくれます。腸に届くまでに強い胃酸などで死んでしまいますが、その分解物質が腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境改善に働きます。植物性由来の乳酸菌は比較的強く、また、有胞子乳酸菌など腸内まで生きたまま届くものだと早い効果が得られます。

    主材料:さつまいも プレーンヨーグルト(無糖)

  • まぐろと夏野菜の竜田揚げ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 222Kcal

    揚げ物料理ですが、まぐろを使うことでDHAやEPAが摂取でき、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化や高血圧が気になる方にも、揚げ物料理の中では夏野菜がたくさんとれるので、おすすめです。

    主材料:まぐろ(柵または薄切り) なす