便秘にレシピ 220件

検索条件

  • 副菜
  • 便秘に
便秘に
便秘は多くの女性が抱える悩みの一つです。不規則な食事・ストレス・食物繊維不足などが絡み合って起こるので、規則正しい食事を心がけ、食物繊維の多い野菜やキノコ類をたっぷり摂り、腸の調子を整えましょう。ビフィズス菌やその栄養となるオリゴ糖を含む食品も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • なすとほうれん草の甘酢なめこ煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 156Kcal

    なすの皮に含まれる色素成分ナスニンは、抗酸化作用が強く、しみ・そばかす、しわなど肌の老化にも効果的。また、ほうれん草の鉄分が貧血を防ぎ、ビタミンEには血管の酸化を防ぐ働きがあります。さらに、なめこに含まれるぬめりの主成分コンドロイチンは肌の乾燥を防ぐのに働きます。血行や肌の血色がよくなる美肌効果の高い組み合わせです。

    主材料:なめこ なす ほうれん草

  • エリンギ納豆

    • かんたん
    • 10分以下
    • 124Kcal
    • 塩分控えめ

    ナットウキナーゼの血液サラサラ効果、イソフラボンの更年期症状の緩和など、納豆には様々な効能があります。腸の中の善玉菌を増やし整腸を促す効果も大きく、エリンギと組み合わせることで、食物繊維が便秘を予防・改善し、より効果的に腸を整えることが出来ます。美腸を目指す方におすすめの簡単1品です。

    主材料:納豆 エリンギ 長ねぎ 大根(おろし)

  • エリンギとかぶとほうれん草のクリーム煮

    • 30分以下
    • 280Kcal

    整腸作用の強い不溶性食物繊維の多いエリンギ、乳酸菌を含む白みそ、腸内細菌のエサになるオリゴ糖が豊富な豆乳を合わせて摂ることで、腸内の老廃物を体外に排出するデトックス効果が期待でき、善玉菌とそのエサの摂取が賄えます。更にかぶとほうれん草に豊富なビタミン類を相乗させることで、腸内環境の改善につながります。

    主材料:エリンギ かぶ ほうれん草 白みそ 調整豆乳

  • しめじとレタスの卵炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 127Kcal

    夜遅い時間の食事には、カロリーが低く、糖質・脂質が控えめで、たんぱく質が多く、更に消化の良いものが適しています。消化の良い、良質なたんぱく質が豊富な卵に、低カロリーなしめじとレタスを組み合わせるこで、遅い食事でも快眠効果が得られます。しめじには、ビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムの吸収を促してストレスを和らげてくれます。レタスの苦み成分の一種「ラクチュコピクリン」には鎮静作用があり、より良い睡眠を求める方には最適な組み合わせです。

    主材料:しめじ レタス 卵

  • ブロッコリーと根菜の酒粕煮

    • 20分以下
    • 136Kcal
    • 塩分控えめ

    ブロッコリーの豊富な栄養が体の代謝を活性化させ、根菜に豊富な食物繊維が腸内環境も改善、栄養の吸収率も上がり、より効果的になります。たっぷり使用したブロッコリーに含まれるたんぱく質が、筋トレやダイエットの体づくりにも役立ち、しょうがや酒粕が体を温め更に効率をアップさせてくれます。

    主材料:ブロッコリー れんこん ごぼう にんじん 酒粕

  • えびともやしのレタス巻き生春巻風

    • 20分以下
    • 109Kcal

    睡眠効果の高いレタスをたっぷりとるためには、サラダではかさがとても多く、食欲がない場合にはあまり適しません。加熱して巻物にすれば、やわらかくなって食べやすく、彩り鮮やかで食欲もわきます。タウリンが豊富なえびを一緒にすることで夏バテ改善も見込まれ、快眠作用もより効果的になります。

    主材料:レタス もやし むきえび

  • にんじんと大根めんのごまクリームパスタ風

    • 10分以下
    • 269Kcal

    呼吸器官や目などの粘膜を強化してくれる、にんじんに多いβカロテンと、抗酸化効果の高い、ごまに含まれるセサミンを組み合わせることで免疫力アップが期待できます。また、パスタと言っても、パスタ風に野菜をスライスしたもの。大幅にカロリーダウンと糖質オフができるので、美容も配慮したダイエットに最適です。

    主材料:にんじん 大根 豆乳 練りごま

  • 小松菜とひじきのピリ辛炒め煮

    • かんたん
    • 20分以下
    • 83Kcal

    不足しがちなカルシウムと鉄が豊富にとれる簡単おかずです。血液の材料になる鉄を取ることで血行をよく、辛味成分でさらに循環を促進し、体全体の代謝を改善して疲労回復の効果が期待できます。更にカルシウムが緊張を緩和し、ストレスを改善、気持ちの面からも疲れを和らげてくれます。

    主材料:小松菜 ひじき

  • 白菜めんの担々めん

    • 20分以下
    • 298Kcal

    白菜は低カロリーで低GIの食材。めんをたっぷりの白菜に置き換えてヘルシーに担々めんを楽しめます。ごまに含まれるセサミンには、アセトアルデヒドの分解を促進する効果が期待できるため、二日酔い予防にもおすすめ。白菜のカリウムでむくみ予防にもなるので、お酒を飲んだ後の〆料理としても最適なレシピです。

    主材料:白菜 豚ひき肉

  • 絹さやとそら豆とアスパラのグリーンサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 200Kcal
    • 塩分控えめ

    抗酸化ビタミンA、C、Eがそろっているアスパラガスと、更にCが豊富な絹さや、肌を作る材料になるたんぱく質まで含まれているそら豆を合わせたサラダは、これだけでも酸化を抑制して紫外線対策になり、ターンオーバーを促進して肌の状態を改善してくれます。ナイアシン含有量も多く肌荒れ改善にも最適です。

    主材料:絹さや グリーンアスパラガス そら豆

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す