レシピの検索結果 2181件

検索条件

  • 副菜
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • あさりとおからの炒り煮

    • 60分以下
    • 100Kcal

    おからは低カロリーで、たんぱく質やビタミン、食物繊維を豊富に含む、ダイエットにもお勧めの食材です。あさりを加えることで、タウリンや鉄分を補うことができ、生活習慣病予防や貧血の改善に効果があります。

    主材料:あさり おから 干ししいたけ 青ねぎ

  • 五目豆の昆布だし煮

    • 60分超過
    • 114Kcal

    和食のおかずの定番である五目豆の煮物は食物繊維がたっぷりとれますので、便秘気味の方にはぜひお勧めです。だしを生かして塩分控えめのレシピですが、生活習慣病予防のためには減塩も大切なポイントです。

    主材料:大豆(水煮) 大根 にんじん こんにゃく

  • いわしの梅干し煮

    • かんたん
    • 60分以下
    • 301Kcal

    梅干しの酸味は食欲を増進させ、疲労回復に役立ちます。不飽和脂肪酸を豊富に含むいわしは、血流をよくして栄養を身体の隅々まで行き渡らせる働きが期待できますので、夏バテ予防に役立つ組み合わせです。

    主材料:いわし 梅干し

  • 長ねぎのココット

    • かんたん
    • 60分以下
    • 194Kcal

    長ねぎに含まれるアリシンは、低温の油で加熱することにより、アホエンを生成します。アホエンには強い抗酸化力があり、血栓予防効果で血液をサラサラにします。

    主材料:長ねぎ ロースハム バター 生クリーム 卵

  • ひじきの白和え

    • 60分以下
    • 135Kcal

    不足しがちなミネラルがとれるレシピです。ひじきには貧血予防に有効な鉄分や、骨や歯を丈夫にしてイライラを鎮めるカルシウム、便秘解消や老廃物排泄に効果的な食物繊維が、豊富に含まれています。また木綿豆腐にもカルシウムが豊富です。

    主材料:乾燥ひじき にんじん 木綿豆腐 ごま(白)

  • ツナ餃子

    • かんたん
    • 20分以下
    • 217Kcal
    • 塩分控えめ

    ツナは青魚と同じくEPAやDHAを含んでいるので、動脈硬化予防、血液サラサラ効果があります。血行が悪いと肩が凝りやすく、冷え性やむくみの原因になります。またイノシン酸は、肌の細胞を合成する働きがあるため、肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

    主材料:ツナ(缶詰) 餃子の皮

  • バンバンジー棒々鶏

    • 60分以下
    • 216Kcal

    暑い夏のさっぱり定番メニューです。鶏むね肉は高たんぱくで脂肪が少なく、健康的に体重を落としたい方にはピッタリの食材です。たっぷりの野菜と一緒に食べればさらにヘルシーになります。

    主材料:鶏むね肉

  • なめろう(あじのたたき)

    • 30分以下
    • 89Kcal

    青じそはβ-カロテンを多く含み、免疫力を高めるのに役立つとされています。代謝にかかわるビタミンB群を多く含み、疲労回復に働く味と一緒にとることで、病気に負けない身体づくりに役立ちます。

    主材料:あじ

  • 桜えびのかき揚げ

    • 20分以下
    • 257Kcal

    殻ごと食べられる桜えびは、カリウムやカルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルがたっぷりとれる食材です。インスタントやレトルト食品が多くなりやすい方は、ミネラルが不足しやすいので気をつけましょう。

    主材料:桜えび(生またはかまあげ) 青ねぎ(細めのもの)

  • いかなごの釘煮

    • 60分超過
    • 232Kcal

    骨ごと食べられるいかなごは、カルシウムの補給に適した魚です。カルシウムの腸内での吸収や骨への吸着を促すビタミンDも多く含まれているので、骨粗しょう症が気になる方、ストレスでイライラしやすい方にお勧めです。また鉄分も多いため、貧血気味の方にもお勧めです。大豆製品やひじきなどの非ヘム鉄を多く含む食材とブロッコリーや小松菜などのビタミンCを含む食材を一緒に摂取すると、鉄分の吸収がよくなり貧血の予防になります。

    主材料:いかなご

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す