疲労にレシピ 64件

検索条件

  • パスタ
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • なすとアーモンドのトマトソースパスタ

    • 60分以下
    • 458Kcal
    • 塩分控えめ

    アーモンドに豊富なビタミンEは、β-カロテンやビタミンCと一緒に抵抗力を上げるので緑黄色野菜と一緒に食べるのがお勧めです。また、なすに含まれるポリフェノールには美肌効果があります。

    主材料:スパゲッティ なす ミニトマト トマトペースト

  • フェトチーネのトマトソース

    • 60分以下
    • 628Kcal
    • 塩分控えめ

    強力な抗酸化作用のあるリコピンは、加工品に使われる赤系トマトの方が多く含まれています。生のトマトを食べるよりも加工されたトマトを摂取する方が吸収よく、また熱に強く油と一緒にとるのが効果的なことから、トマトソースはリコピン摂取に最適の調理法であると言えます。

    主材料:フェットチーネ 牛肉(薄切り) なす ホールトマト(缶詰)

  • ペペロンチーノ

    • 30分以下
    • 664Kcal
    • 塩分控えめ

    にんにくや唐辛子には身体を温め、代謝を高める働きがあります。オリーブ油は、不飽和脂肪酸やビタミンEなど血行をよくする成分が豊富なので、手足の冷えが気になる方にお勧めです。

    主材料:パスタ(スパゲッティ等) 赤唐辛子 にんにく EVオリーブ油

  • ほたるいかと菜の花のスパゲッティ

    • 20分以下
    • 322Kcal
    • 塩分控えめ

    ほたるいかは、ほかのいかと同様に良質なたんぱく質が多い食材です。また、丸ごと食べられるほたるいかには、うま味のもとでもある内臓に、ビタミンA(レチノール)が多く含まれています。

    主材料:ほたるいか(ゆで) 菜の花 スパゲッティ(1.4mm)

  • いわしのパスタ サフラン風味

    • 60分以下
    • 691Kcal

    いわしにはコレステロールを低下させたり、記憶力を向上させるEPAやDHAが豊富に含まれます。サフランは更年期障害の緩和や冷え性の改善に効果があるとされ、特にこれらの悩みをもった女性にはお勧めのレシピです。

    主材料:いわし(15cmの長さ) 玉ねぎ(みじん切り) トマト アンチョビ スパゲッティ(太めのもの)

  • ほたるいかと菜の花のパスタ

    • 30分以下
    • 549Kcal

    ほたるいかには、ビタミンAやEが多く含まれています。鉄分や、ビタミンC、β-カロテンの豊富な菜の花と組み合わせたパスタは、顔の血色をよくし、肌の調子を整えるので美肌作りに役立ちます。

    主材料:ほたるいか スパゲッティ 菜の花 オリーブ油

  • ラザニア

    • 60分超過
    • 505Kcal

    チーズにはカルシウムだけでなくビタミンAやB群も多く含んでいます。ビタミンAは免疫力を高めるとされていますので、寒い季節に熱々のラザニアは、風邪の予防にもお勧めのメニューです。

    主材料:ラザニア 牛ひき肉 ホールトマト(缶詰) 牛乳 モッツァレラチーズ

  • 鶏レバーのカレースパゲッティ

    • 60分以下
    • 723Kcal

    鶏肉にはふたつの必須脂肪酸アラキドン酸(ARA)とDHAが1:1の割合で含まれています。必須脂肪酸は不足したりとり方のバランスが悪かったりすると、体調を崩す原因になると言われています。レバーの鉄分と野菜類のビタミンCがそれぞれの吸収力を高めます。

    主材料:鶏レバー カレー粉 スパゲッティ

  • ブロッコリーとかにのトマトクリームパスタ

    • 60分以下
    • 287Kcal

    緑黄色野菜のブロッコリーは、ビタミンAを多く含んでいます。ビタミンAは皮膚や粘膜を保護する働きがあり、風邪予防や肌の状態を整える大切な栄養素です。油と相性がよいので炒め物に適しています。

    主材料:ブロッコリー かに棒肉 ホールトマト(缶詰) ショートパスタ

  • 豆乳とくみ上げ湯葉のパスタ

    • 20分以下
    • 565Kcal

    豆乳は人間が健康に生きていくうえで、必要不可欠な栄養素がバランスよく含まれています。大豆たんぱく質は、動物性たんぱく質と異なり、脂肪が身体に溜まりにくく、基礎代謝を高めるので、太りにくい体質へ変えるのに役立つと言われています。

    主材料:ほうれん草 豆乳 くみ上げ湯葉 リングイネ