レシピの検索結果 45件

検索条件

  • うどん・そば
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • エリンギのみそ煮込みうどん

    • 20分以下
    • 503Kcal

    しょうがの体を温める効果に加え、とろみのある煮込みうどんは冷めにくく体を温めてくれます。エリンギの他、ごぼうやにんじんからも整腸作用のある食物繊維が摂取でき、発酵食品のみそを組み合わせることで、腸内環境の改善に役立ちます。更に長ねぎにも体を温める効果があることから、おなかの調子を整えたい、冷え性の方におすすめです。

    主材料:生うどん エリンギ 長ねぎ 赤みそ

  • しめじとはまぐりの卵とじうどん

    • 20分以下
    • 292Kcal

    しめじに豊富なビタミンDはカルシウムの吸収促進により、ストレスを和らげるのに役立ちます。糖質であるうどんを減らしても、しめじの食感で満足感も得られるのでヘルシー。受験生やお仕事向けのお夜食にもぴったりです。はまぐりを合わせることで旨みがでるだけでなく、疲労回復、神経機能の正常化など、しめじの栄養素と相乗して効果が期待できます。受験生の方には七味などをかけて少々刺激をプラスするのもおすすめです。

    主材料:しめじ はまぐり 卵 うどん

  • きのこと長ねぎのおろしそば

    • 20分以下
    • 381Kcal

    風邪で弱った体には、温かくのど越しの良いものが一番。きのこと大根おろしのとろみであっさりしたそばなら、体を温めながら栄養補給が出来ます。更に温め効果のある長ねぎをたっぷり入れ、のどの炎症によく、消化を促進してくれる生の大根おろしを添えることで、弱った胃腸にも役立ちます。

    主材料:そば 大根(おろし) 長ねぎ なめこ えのきたけ

  • 冷やし納豆そば

    • かんたん
    • 20分以下
    • 362Kcal

    そばには、ポリフェノールの一種であるルチンが豊富に含まれています。高血圧の予防、抗酸化作用が期待できます。また長いも、オクラ、納豆のネバネバ成分は、免疫力を高めるのに役立ちます。

    主材料:そば(乾めん) 納豆 長いも オクラ

  • 九条ねぎの京風親子しょうがあんかけうどん

    • 20分以下
    • 461Kcal

    うどんの原料の小麦粉には、女性ホルモンと似た働きが期待できるイソシル酸ラクトン類という成分が含まれています。ねぎやしょうがは身体を温め、血行を良くしてくれます。

    主材料:うどん(冷凍) 鶏むね肉 卵 九条ねぎ しょうが

  • かにかまとほうれん草のあったかしょうがあんかけうどん

    • 20分以下
    • 377Kcal

    しょうがには、新陳代謝を活発にし、血行を良くして身体を温める作用があります。また、冷えた胃腸を温めて刺激し、調子を整えてくれる効果も期待できます。風邪や二日酔いの改善にも効果があります。

    主材料:うどん かにかまぼこ ほうれん草 しょうが

  • ミニ鶏団子そば

    • 60分以下
    • 342Kcal

    そばのでんぷんは消化が良く、たんぱく質、ビタミンB1、ナイアシン、食物繊維が豊富に含まれています。また、ルチンというビタミンPの一種を含み、毛細血管を丈夫にする働きがあります。

    主材料:そば(乾めん) 鶏ひき肉

  • 豚しゃぶ梅おろしうどん

    • かんたん
    • 30分以下
    • 782Kcal

    豚肉には良質のたんぱく質、ビタミンB1が多く含まれています。また、卵は、筋肉の疲れをとり、修復してくれる必須アミノ酸が含まれています。梅干しの疲労回復効果や食欲増進効果も期待できます。

    主材料:うどん(冷凍) 豚肉(しゃぶしゃぶ用) 梅干し

  • チゲ風煮込みうどん

    • 30分以下
    • 781Kcal

    うどんには消化吸収のよい糖質、牛肉やにらには鉄分が多く含まれています。さらに、キムチには、糖質の吸収を助けるクエン酸が豊富に含まれているので、疲労回復に役立ちます。

    主材料:うどん 白菜キムチ

  • 鶏南蛮塩こうじそば

    • 20分以下
    • 738Kcal

    鶏肉には、たんぱく質が筋肉へと合成されるのを助けるビタミンB6が豊富です。そばには、糖質がエネルギーに変えるのを助けるビタミンB1が多く含まれています。長ねぎはアリシンを含んでいるので、疲労回復効果も期待できます。

    主材料:そば 鶏むね肉

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す