疲労にレシピ 281件

検索条件

  • 主食
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ロコモコ丼

    • 60分以下
    • 760Kcal

    合いびき肉には消化吸収のよいたんぱく質、ビタミンB1、鉄分が多く含まれています。また、卵は、良質のたんぱく質を含み、特に筋肉の疲れをとり、修復してくれるバリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸が含まれています。

    主材料:合いびき肉 ご飯(温かいもの)

  • チゲ風煮込みうどん

    • 30分以下
    • 781Kcal

    うどんには消化吸収のよい糖質、牛肉やにらには鉄分が多く含まれています。さらに、キムチには、糖質の吸収を助けるクエン酸が豊富に含まれているので、疲労回復に役立ちます。

    主材料:うどん 白菜キムチ

  • 和風オムライス

    • 30分以下
    • 843Kcal

    卵、鶏むね肉には良質のたんぱく質が豊富に含まれています。また、にんにくには免疫力を上げる効果があります。大根に含まれるジアスターゼという酵素は、消化吸収を促進し、活性酸素を抑制します。

    主材料:ご飯(温かいもの) 卵 大根

  • 鶏肉と根菜のカレーライス

    • 60分超過
    • 815Kcal

    鶏肉には消化吸収のよいたんぱく質、ビタミンB6が多く含まれているので、筋力を上げたい方には特にお勧めの食品です。根菜には食物繊維が豊富に含まれ、腸内環境を整えて、免疫力を上げる作用があります。

    主材料:米 鶏もも肉 里いも れんこん カレールウ

  • 鶏南蛮塩こうじそば

    • 20分以下
    • 738Kcal

    鶏肉には、たんぱく質が筋肉へと合成されるのを助けるビタミンB6が豊富です。そばには、糖質がエネルギーに変えるのを助けるビタミンB1が多く含まれています。長ねぎはアリシンを含んでいるので、疲労回復効果も期待できます。

    主材料:そば 鶏むね肉

  • 梅まぐろステーキ丼

    • 60分以下
    • 672Kcal

    まぐろは、良質のたんぱく質、ビタミンD、鉄分が豊富です。また、アミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれているので、心肺機能を高め、血液をサラサラにしする効果が期待できます。

    主材料:まぐろ(刺身用) 梅干し(たたいたもの)

  • イングリッシュマフィンのオープンサンド

    • 60分以下
    • 438Kcal

    じゃがいもは、満腹感が得られてカロリーが低いため、ダイエット食としても最適です。ビタミンCは風邪やストレスへの抵抗力を高めます。豊富なカリウムが血圧を安定させ高血圧を予防に効果が期待できます。

    主材料:じゃがいも ハム(ブロック) トマト イングリッシュマフィン ホワイトソース(缶詰)

  • 高菜のお焼きパン

    • 60分超過
    • 184Kcal

    高菜に含まれている食物繊維は腸の働きを整え、またカルシウム、リン、鉄分など無機質の多いので、冬場のミネラル補給に最適です。ミネラルは身体の組織細胞を作り、身体の働きを整えるのに欠かせない栄養素です。

    主材料:強力粉 ドライイースト 豚ひき肉 高菜のしょうゆ漬け(刻んだもの)

  • ミートソースヌードル

    • 60分以下
    • 450Kcal

    メラニンの生成を抑制し、活性酸素を消去するとされるトマトのリコピンは、オリーブ油などと一緒にトマトソース、シチューのベースなどとして調理するほうが、より効率よくとれます。

    主材料:豚ロース肉 ホールトマト(缶詰) うどん(冷凍)

  • 豆乳とくみ上げ湯葉のパスタ

    • 20分以下
    • 565Kcal

    豆乳は人間が健康に生きていくうえで、必要不可欠な栄養素がバランスよく含まれています。大豆たんぱく質は、動物性たんぱく質と異なり、脂肪が身体に溜まりにくく、基礎代謝を高めるので、太りにくい体質へ変えるのに役立つと言われています。

    主材料:ほうれん草 豆乳 くみ上げ湯葉 リングイネ