レシピの検索結果 660件

検索条件

  • 主食
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 梨と生ハムのサンドイッチ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 302Kcal

    梨は糖の代謝を促進するリンゴ酸、クエン酸が含まれています。また疲労回復にかかせないアスパラギン酸も含まれていますので相乗効果が期待できます。たんぱく質分解酵素も含まれますので、胃もたれ防止にも役立ちます。

    主材料:バゲット(10cm) 生ハム 梨

  • 冷凍作り置きスタッフドバゲット

    • かんたん
    • 30分以下
    • 722Kcal

    ツナ缶は、脳の働きに作用して記憶力の向上や認知症の改善に作用するDHA、血液をサラサラにしててくれるEPAがたっぷり含まれています。またくるみに含まれるα-リノレン酸の血液サラサラ効果により血行を促進する相乗効果が期待できます。

    主材料:バゲット ツナ(缶詰) クリームチーズ

  • 里いも雑炊

    • 20分以下
    • 214Kcal

    朝ご飯は、糖質をとって、脳に栄養を送ることが大切。血糖値が急激に上がると眠くなったりしてしまうので、食物繊維が豊富な里いもなどの野菜をたっぷりとりましょう。玉ねぎで血行を良くし、かぼちゃのカロテンが免疫力もアップしてくれます。

    主材料:里いも ご飯

  • トマトの冷や汁そうめん

    • かんたん
    • 30分以下
    • 289Kcal

    食欲のない時のサッパリ栄養補給レシピです。そうめんだけでは栄養が偏ってしまいます。めんつゆではなく、栄養豊富なつけだれで、バランスを整えましょう。魚のたんぱく質に、トマトのビタミン類、みそ、ごまを加えることで、抗酸化作用が高まり、老化防止も期待できます。

    主材料:トマト そうめん

  • アボカドとツナのめんつゆパスタ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 473Kcal

    アボカドは、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。またリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれ悪玉コレステロール値を下げてくれる効果があるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:アボカド ツナ(缶詰・ライトタイプ) スパゲッティ

  • 半熟卵の肉巻きおにぎり

    • 30分以下
    • 488Kcal

    卵のアミノ酸バランスの良いたんぱく質と、豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は、疲労回復に役立ちます。また梅干しに含まれるクエン酸と豚肉を一緒に食べると、ピルビン酸がクエン酸に変わり、より一層効果が期待できます。

    主材料:卵 豚肉(薄切り) ご飯

  • たけのことろろ丼

    • かんたん
    • 60分超過
    • 329Kcal
    • 塩分控えめ

    疲労感が取れない方へのスタミナ改善料理!バテない身体作りのためにスタミナ料理を食べても、消化能力が弱っているとその効果も激減してしまいます。長いものとろろには消化促進効果もあり、エネルギー代謝に必要なビタミンB群も豊富。たけのこの疲労回復効果も相乗して、胃腸からバテない身体に改善しましょう。

    主材料:ご飯 たけのこ(水煮) 長いも

  • ツナと豆腐のお好み焼き

    • 20分以下
    • 401Kcal

    まぐろやかつおが主原料のツナ缶はたんぱく質も豊富です。記憶力の向上や認知症の改善に作用するDHA、血液をサラサラにしてくれるEPAがたっぷり含まれています。ツナ缶の油の成分も魚の栄養分が溶け込んでいて、油に含まれているリノール酸は動脈硬化予防に役立ちます。

    主材料:ツナ(缶詰・ライトタイプ) 木綿豆腐 キャベツ

  • かぶの卵みそ粥

    • 30分以下
    • 202Kcal

    かぶに含まれる消化酵素アミラーゼや、辛味成分のイソチオシアネードが消化を促進させ、弱った胃腸を整えてくれます。卵とみそに豊富に含まれる良質なたんぱく質をバランスよく摂取でき、疲労回復にも効果的。さらに胃腸に負担なく摂取するためには、卵はかたく加熱するより半熟のほうが吸収がよくなります。溶き卵はふわふわに火を通して食べましょう。

    主材料:ご飯 かぶ 卵 米みそ

  • えびだしなすの煮浸しそうめん添え

    • 60分以下
    • 402Kcal

    えびの、アルギニン、タウリンなどを含む良質なたんぱく質は、疲労回復、滋養強壮、免疫力向上に有効です。なすの皮はアントシアニンが豊富で、血栓防止や目の疲労改善に効果的なので皮ごと食べましょう。なすは体を冷やすので、暑い夏場を過ごすには最適ですが、身体を冷やしたくない方はおろししょうがを添えたり、温めて食べるなどがおすすめです。煮汁までおいしく食べられるので、栄養素を摂取するのに有効な一皿です。

    主材料:えび なす そうめん