レシピの検索結果 370件

検索条件

  • 汁物
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 具沢山なめこの納豆汁

    • かんたん
    • 10分以下
    • 77Kcal

    なめこに含まれれるぬめりの主成分コンドロイチンが肌の乾燥を防いでしっとり肌に導いてくれます。また、抗酸化作用が高く、肌の老化を防いてくれるビタミンCが豊富な小松菜、女性ホルモンをサポートし肌荒れ改善に働くイソフラボンが豊富な納豆を組み合わせることで、美肌効果がより効率よく得られます。

    主材料:なめこ 納豆 小松菜

  • まいたけと鶏手羽先の水炊き

    • 60分以下
    • 160Kcal

    手羽先のプルプルコラーゲンをたっぷり摂取でき、体も温まるお鍋。乾燥肌対策や細胞の再生、強化にも活躍し、ウイルスの侵入を防ぐ効果も期待できます。体内の免疫細胞を活性化してくれるまいたけと組み合わせることで、より効果的に、風邪やインフルエンザに負けない体つくりをしましょう。

    主材料:まいたけ キャベツ 鶏手羽先 しょうが

  • まいたけの梅しょうがスープ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 13Kcal

    体が冷えるとそれだけで全身の免疫力が落ちてしまいます。しょうがたっぷりの温かいスープで体を温め、まいたけに含まれるβ-グルカン(多糖類)をはじめ、ビタミンB1、B2、ビタミンDなどの栄養素が体内でより効率よく働き、免疫力強化できるようにしましょう。まいたけの栄養が壊れすぎないように、さっと火にかけ、栄養の溶けだしたスープを余さず飲んで、更に効率アップです。

    主材料:まいたけ しょうが(すりおろし) 梅昆布茶

  • しめじと玉ねぎのチャウダー

    • 20分以下
    • 101Kcal

    体を温めて快適な睡眠を得るには、夕食にとろみのあるスープをとるのが最適。中でも、カルシウムが豊富な牛乳を使ったチャウダーは、鎮静効果があり、ストレスを和らげ、体を休めるのに効果的です。しめじに豊富なビタミンDが、牛乳のカルシウム吸収を助け、より効果的な組み合わせとなります。ベーコンなどは入れず、しめじの旨味たっぷりで脂質が少なめで消化も良く、夜食にもおすすめです。

    主材料:しめじ 玉ねぎ 牛乳

  • しめじとかきの酸辣湯

    • かんたん
    • 10分以下
    • 72Kcal

    しめじには二日酔いに効果的なオルニチンが多く、肝臓を守りアルコールの代謝を助けてくれます。アルコール代謝に効果的なタウリンと亜鉛を豊富に含んだかきを合わせることで、より効果が高まり、食べることで次の日に疲れが残りにくくなります。胃にもたれないよう油は使わず、酸味で胃の消化を助けてくれるので、遅い時間のお夜食にも最適です。

    主材料:しめじ 長ねぎ 絹ごし豆腐 かき

  • 鶏団子とレタスの豆乳煮

    • 20分以下
    • 154Kcal

    睡眠作用のあるレタスをたっぷり1玉使います。柔らかく豆乳で煮たレタスに、鶏ひき肉をあわせた、消化しやすくおなかに負担をかけにくい快眠料理です。鶏肉や大豆に豊富なトリプトファンからは、快眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが生成されます。朝食やランチにとれば、寝るまでにしっかり代謝でき、より効果的な快眠につながります。

    主材料:レタス 生しいたけ 鶏ひき肉 長ねぎ 豆乳

  • 白菜めんの担々めん

    • 20分以下
    • 298Kcal

    白菜は低カロリーで低GIの食材。めんをたっぷりの白菜に置き換えてヘルシーに担々めんを楽しめます。ごまに含まれるセサミンには、アセトアルデヒドの分解を促進する効果が期待できるため、二日酔い予防にもおすすめ。白菜のカリウムでむくみ予防にもなるので、お酒を飲んだ後の〆料理としても最適なレシピです。

    主材料:白菜 豚ひき肉

  • 白菜のクラムチャウダー

    • 20分以下
    • 130Kcal

    牛乳に含まれるセロトニンが、アルコールによって拡張した血管を収縮させて頭痛を和らげてくれます。また、あさりには、肝臓で脂肪代謝を助けるタウリンや、肝機能を高める成分、アミノ酸・ミネラル・グリコーゲンが含まれているので二日酔い自体も改善できます。同じ貝類でも、あさりの代わりに、かきを使うとより効果的です。

    主材料:白菜 あさり(缶詰) 牛乳

  • 里いものスープカレー

    • かんたん
    • 20分以下
    • 164Kcal

    しっかり疲れを取り、明日の元気につなげたい夕食には、肉やうなぎなどのこってりしたスタミナ料理より、消化吸収のスムーズな野菜が最適。里いもやゴーヤーに多いビタミンB群は代謝を良くして疲労回復に効果的です。また、オクラに多いカロテンによる免疫力アップ、トマトに豊富な抗酸化作用での老化防止も期待できます。より吸収良くスープに、スパイスをたくさん含んで体もぽかぽか。血行も良くなり、良い睡眠が得られます。

    主材料:里いも なす 玉ねぎ トマトジュース

  • 厚揚げの和風ミネストローネ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 184Kcal

    厚揚げは、木綿豆腐と比べると、カルシウムは約2倍、鉄分は3倍、たんぱく質は5倍含まれています。鉄分の吸収を高めるビタミンCを含む野菜と一緒にとる事で、鉄分の吸収が良くなり、貧血予防に効果があります。

    主材料:厚揚げ 玉ねぎ

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す