便秘にレシピ 39件

検索条件

  • 汁物
  • 便秘に
便秘に
便秘は多くの女性が抱える悩みの一つです。不規則な食事・ストレス・食物繊維不足などが絡み合って起こるので、規則正しい食事を心がけ、食物繊維の多い野菜やキノコ類をたっぷり摂り、腸の調子を整えましょう。ビフィズス菌やその栄養となるオリゴ糖を含む食品も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • キャベツとレンズ豆のスープ

    • かんたん
    • 60分以下
    • 133Kcal
    • 塩分控えめ

    レンズ豆はあらかじめ水につけなくても料理ができる手軽さに加え、栄養価の高い食材です。免疫力を高める良質たんぱく質、食物繊維も含まれており、コレステロールを抑える効果もあります。種類も、赤、黒、茶、緑と豊富です。

    主材料:キャベツ 玉ねぎ レンズ豆(乾燥)

  • グリンピースの豆乳スープ

    • 60分超過
    • 261Kcal

    グリンピースはビタミンやミネラル、食物繊維などを含む栄養バランスのよい食材です。豆乳と一緒にとることで、良質のたんぱく質や大豆イソフラボンなど、健康に役立つ栄養素を豊富にとれる一品になります。

    主材料:グリンピース(冷凍でも可) 玉ねぎ 豆乳 牛乳 生クリーム

  • さわらとごぼうのしょうが汁

    • 20分以下
    • 179Kcal

    ごぼうは整腸効果のある食物繊維が豊富。水溶性食物繊維のイヌリンには利尿作用もあります。しょうがは身体を温め、ごぼうはデトックス効果があります。さわらの上品なうま味やごぼう、しょうがの香り高い味わいで減塩してもおいしく食べられます。

    主材料:さわら(切り身) しょうが汁

  • ブロッコリーのポタージュ

    • 60分以下
    • 321Kcal

    緑の野菜を食べて、体の中の毒を排出させましょう。ブロッコリーには毒消し成分の硫黄化合物が含まれており、肝臓の解毒酵素の働きを高めたり、身体の中にある抗酸化酵素を活性化させたりします。

    主材料:ブロッコリー 牛乳 生クリーム

  • のっぺ汁

    • 60分以下
    • 134Kcal

    ごぼうやたけのこ、こんにゃくなど食物繊維の多い食材がたっぷり入った一品です。食物繊維は腸で余分なコレステロールを絡め取って、体外に排出する働きがあるとされています。コレステロールが気になる方はしっかりとりたい栄養素です。

    主材料:干し貝柱 里いも こんにゃく

  • 飲むサラダのガスパチョ

    • かんたん
    • 60分超過
    • 269Kcal

    完熟トマトと赤ピーマンの栄養を丸ごといただきます。トマトに含まれるケセルチンという成分は、ビタミンCの体内利用を高める働きをし、肌をきれいにしてくれます。

    主材料:トマト(完熟) ピーマン(赤) きゅうり にんにく(潰したもの) フランスパン(中身・小口切り)

  • きのことブロッコリーの具だくさんスープ

    • 20分以下
    • 402Kcal

    きのこのうま味成分であるグルタミン酸は、老化予防(アンチエンジング)に効果があります。ビタミンCが豊富に含まれているブロッコリーとの組み合わせで、美肌作りに役立ちます。

    主材料:きのこ(まいたけ、しいたけ、しめじなど) 玉ねぎ ブロッコリー 牛乳

  • 丸ごとパンプキンシーフードクリームシチュー

    • 60分以下
    • 393Kcal

    かぼちゃに多く含まれているビタミンEは、血管を拡張して血行を促進する効果があるので、血行不良による肩こりや頭痛、冷え性などの症状への緩和に役立ちます。また、ほたてと一緒にとれば貧血予防も期待できます。

    主材料:かぼちゃ えび ほたて貝柱 牛乳 生クリーム

  • 押し麦入りトマトスープ

    • 30分以下
    • 247Kcal

    一品で野菜がたっぷりと食べられます。野菜不足を感じたときにはぴったりのメニューです。1日のビタミンC推奨量の1/3以上をとることができ、また押し麦を加えることで、食物繊維もプラスできます。

    主材料:玉ねぎ にんじん トマト 押し麦

  • 里いものクリームスープ

    • 60分以下
    • 248Kcal

    里いもはむくみ解消に効果的なカリウムが多く含まれます。ベーコンは疲労回復に役立つビタミンB群が豚肉と同様に豊富です。

    主材料:里いも 牛乳

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す