花粉症にレシピ 11件

検索条件

  • 汁物
  • 花粉症に
花粉症に
青背の魚のEPAでアレルギー症状を抑え、野菜のビタミンACEで抵抗力をつけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 具沢山なめこの納豆汁

    • かんたん
    • 10分以下
    • 77Kcal

    なめこに含まれれるぬめりの主成分コンドロイチンが肌の乾燥を防いでしっとり肌に導いてくれます。また、抗酸化作用が高く、肌の老化を防いてくれるビタミンCが豊富な小松菜、女性ホルモンをサポートし肌荒れ改善に働くイソフラボンが豊富な納豆を組み合わせることで、美肌効果がより効率よく得られます。

    主材料:なめこ 納豆 小松菜

  • きゅうりの冷製スープ

    • 10分以下
    • 151Kcal

    夏野菜の代表であるきゅうりには、カリウムが豊富に含まれています。夏場は汗と一緒にカリウムが失われ、夏バテの原因となるので、積極的にとりたい食材です。ハーブやオールスパイスは、香りが良く、食欲をアップさせる効果が期待できます。

    主材料:プレーンヨーグルト きゅうり

  • 納豆汁

    • 10分以下
    • 130Kcal

    納豆には、消化のよい良質のたんぱく質、糖質の吸収を助ける働きのあるビタミンB1、鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。また、納豆はカリウムを豊富に含んでいますので、むくみを解消してくれる効果が期待できます。

    主材料:ひきわり納豆 絹ごし豆腐

  • あじと野菜のつみれ汁

    • 60分以下
    • 84Kcal

    あじは、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が豊富です。また不飽和脂肪酸が含まれていて、コレステロール値を下げたり、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:あじ(上身・皮なし)

  • さわらの道明寺蒸し薄くず仕立て

    • 60分以下
    • 138Kcal

    さわらは、良質のたんぱく質やビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、ナイアシンなどを含みます。中でもカリウムが豊富なので、体内の余分なナトリウムの排出を促し、血圧上昇を抑制する働きがあります。

    主材料:さわら 道明寺粉

  • さわらのゆずかぶ蒸しくず仕立て

    • 60分超過
    • 146Kcal

    さわらには、ビタミンB2、D、カリウム、DHA、EPAなどの栄養が豊富に含まれています。また、カルシウムの吸収を促進する効果のあるビタミンDの含有量が多く、骨の健康維持に役立ちます。

    主材料:さわら かぶ 水溶きくず粉

  • 鮭といくらのおやこ雑煮

    • 30分以下
    • 161Kcal

    鮭の身に含まれる赤い色素はアスタキサンチンと呼ばれるカロテン色素で、特に抗酸化作用が強い と言われています。特に紅鮭に含有量が多いほか、いくらにも豊富に含まれています。アスタキサ ンチンは、「アンチエイジングの成分」とも言われています。

    主材料:生鮭 大根 角もち いくら

  • 粕汁

    • 10分以下
    • 156Kcal

    お酒を絞った後に残る酒粕は、少量のアルコールを含むため、身体を芯からぽかぽか温めます。また、酒粕にはたんぱく質代謝にかかわるビタミンB6や葉酸、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。

    主材料:生鮭 大根 里いも にんじん

  • ヨーグルトスープ

    • 60分超過
    • 86Kcal
    • 塩分控えめ

    ヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える働きがあるとされています。便秘改善やデトックスに効果が期待できる食材ですので、ぽっこりお腹が気になる方にお勧めです。

    主材料:プレーンヨーグルト

  • 鮭しんじょと菊菜のお吸い物

    • 30分以下
    • 62Kcal

    鮭やほたてにはタウリンが含まれており、病気に対する抵抗力を高め、心臓の働きを強くする働きがあります。菊菜はβ-カロテンをはじめとする栄養素が豊富で免疫力アップのほかに様々な生活習慣病予防に期待ができます。

    主材料:生鮭 ほたて貝柱 菊菜

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す