レシピの検索結果 370件

検索条件

  • 汁物
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • すりおろしごぼうとおかかのみそ汁

    • かんたん
    • 10分以下
    • 32Kcal
    • 塩分控えめ

    簡単に一品プラスならこれ!ごぼうをすりおろし、材料と混ぜてお湯を注ぐだけで出来上がります。簡単なのに効能は便秘・解毒・むくみ・風邪対策・ダイエットなど様々。手軽にごぼうのお汁を献立に組み込んでください。

    主材料:ごぼう

  • れんこんとかきの粕汁

    • 60分以下
    • 137Kcal

    肝臓は吸収された栄養素を有効に使えるように変換したり、解毒したりと、食後はフル活動しています。更に解毒が必要なアルコールなどが加算されると負担が多くなり、代謝も滞ってしまいます。かきに豊富なタウリンは肝機能を修復してくれるので、肝機能改善効果のあるれんこんと合わせると、より効果的に肝臓を助けて代謝を良くすることができます。

    主材料:れんこん かき 酒粕

  • 聖護院かぶのすり流し

    • 30分以下
    • 46Kcal

    根の部分に多く含まれる分解酵素アミラーゼ(ジアスターゼ)によって、胸やけの不快感をとったり、食べ過ぎの時の消化吸収を助けるなど、整腸効果があります。かぶをなめらかなスープにすることで、胃に吸収しやすい一品になり、風邪をひいたときにお勧めの料理です。

    主材料:聖護院かぶ

  • 鹿ヶ谷かぼちゃのチーズポタージュスープ

    • 10分以下
    • 154Kcal

    栄養効果の高い鹿ヶ谷かぼちゃをスープにすることで、消化によく、食べやすくなるため、夏バテには最適です。チーズで良質なたんぱく質も取れ、弱った身体のバランスのとれた栄養摂取だけでなく、成人病予防や美容の効果も期待できます。

    主材料:鹿ヶ谷かぼちゃ 玉ねぎ クリームチーズ

  • 落とし卵のみそ汁

    • 20分以下
    • 101Kcal

    にら、卵の黄身には、目の粘膜を強くしてくれるビタミンAが豊富に含まれています。また、にらには視神経の働きをサポートするビタミンB1の吸収を助けるアリシンがたくさん含まれています。

    主材料:卵 にら だし汁 みそ

  • あさりと野菜の具だくさんトマトスープパスタ

    • 60分以下
    • 635Kcal

    あさりは鉄分やビタミンB群など、血行を助ける栄養素を多く含みます。またトマトに含まれる葉酸は、赤血球の形成に関わっているため、貧血予防にも役立ちます。特に女性にお勧めのレシピです。

    主材料:あさり(殻付き・砂抜き済み) 生たら トマト じゃがいも トマトジュース スパゲッティ(1.3~1.4mm)

  • 雑穀入り春野菜のミネストローネ

    • 30分以下
    • 186Kcal

    あわ、きび、ひえ、はと麦などの雑穀には、食物繊維が豊富なので、美腸、便秘解消に効果が期待できます。その他、たんぱく質、マグネシウム、亜鉛、鉄分が含まれます。新陳代謝を高めるという春野菜と組み合わせることで、身体の毒素を排出するのに役立ちます。

    主材料:ベーコン 新じゃがいも 雑穀ミックス 春キャベツ カットトマト(缶詰)

  • 高野豆腐とわかめのみそ汁

    • かんたん
    • 20分以下
    • 62Kcal

    高野豆腐には、良質のたんぱく質、糖質の吸収を助ける働きのあるビタミンB1、鉄分、カルシウムが豊富にあり、ダイエットをサポートしてくれます。わかめには、食物繊維が豊富に含まれ便秘解消に効果が期待できます。

    主材料:高野豆腐 塩わかめ みそ

  • レタスのごまみそ汁

    • かんたん
    • 20分以下
    • 79Kcal

    レタスには、鉄分と鉄分の吸収を助けるビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています。鉄分は、ヘモグロビンの材料となりますので、鉄分が不足による貧血になるのを防いでくれます。

    主材料:レタス みそ

  • わかめとにらのピリ辛スープ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 13Kcal

    わかめは、低カロリー食材。栄養価には、カルシウム、カリウム、食物繊維が豊富に含まれており、便秘、むくみ解消に効果が期待できます。にらのアリシンという成分は、疲労回復にもつながる栄養素です。

    主材料:あさり(殻付き) にら

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す