便秘にレシピ 16件

検索条件

  • お菓子
  • 便秘に
便秘に
便秘は多くの女性が抱える悩みの一つです。不規則な食事・ストレス・食物繊維不足などが絡み合って起こるので、規則正しい食事を心がけ、食物繊維の多い野菜やキノコ類をたっぷり摂り、腸の調子を整えましょう。ビフィズス菌やその栄養となるオリゴ糖を含む食品も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • えびいもとタピオカのタイ風ココナッツ汁粉

    • 20分以下
    • 394Kcal
    • 塩分控えめ

    ココナッツミルクには燃焼しやすい中鎖脂肪酸が豊富です。その一種であるラウリン酸はインフルエンザなどのウイルスや病原菌を攻撃してくれる抗菌作用が強く、唾液の作用でモノラウリンに変化すると、腸内の悪玉菌を攻撃し、善玉菌を活性化してくれます。また、活性酸素を抑える酵素の材料となる銅や、鉄分、マグネシウムも豊富で、老化防止、骨や歯の強化、ホルモンバランスの調整に効果が期待できます。

    主材料:えびいも タピオカ ココナッツミルク 小豆(ゆで)

  • 鶴の練りきり

    • 60分超過
    • 134Kcal
    • 塩分控えめ

    白あんの原材料である白いんげん豆には、炭水化物やたんぱく質、食物繊維、カルシウム、鉄分、カリウムなどが豊富です。また、ファセオラミンという消化酵素は、ぶどう糖が脂肪に変わる働きを阻害するため、高血圧症の改善などに役立ちます。

    主材料:白あん 白玉粉

  • 豆乳かんの小豆ソース添え

    • かんたん
    • 60分超過
    • 187Kcal
    • 塩分控えめ

    豆乳は栄養豊富ですが独特の青臭さがあり、そのままでは使用しにくいですが、砂糖などを加えると食べやすくなります。食物繊維を含む寒天を使って豆乳かんにするのは整腸作用も高まるので一石二鳥です。

    主材料:豆乳(無調整) ゆで小豆(缶詰)

  • 抹茶水ようかん

    • 60分超過
    • 190Kcal
    • 塩分控えめ

    口当たりよく仕上げた水ようかんに使用する梅酒の梅は、風味とともに疲労気味で夏バテ気味の身体をケアし、老化防止に役立ちます。梅に含まれるクエン酸には唾液を分泌させる若返りのホルモンを活発にさせます。

    主材料:棒寒天 こしあん 抹茶

  • かぼちゃお焼き

    • かんたん
    • 30分以下
    • 403Kcal
    • 塩分控えめ

    かぼちゃは小豆との相性がよく、野菜でありながらご飯のおかずからおやつまで、幅広く活用できます。β-カロテン、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンCが豊富に含まれた健康野菜です。

    主材料:かぼちゃ

  • ぜんざい

    • 60分超過
    • 474Kcal
    • 塩分控えめ

    生クリームやバターなどを使った洋菓子に比べて、ぜんざいなどの和菓子はカロリーが低めです。さらに小豆には食物繊維が多く含まれます。食物繊維は血糖の上昇を抑える働きがあるので、体脂肪の蓄積を抑えるのに役立ちます。

    主材料:小豆 もち

  • 白いんげん豆の粟ぜんざい

    • 60分超過
    • 421Kcal
    • 塩分控えめ

    白いんげんは食物繊維を多く含んでいる食材です。また、てんさい糖には善玉菌であるビフィズス菌のえさとなるオリゴ糖がたっぷり含まれていますので、腸内環境を整える働きが期待できる組み合わせです。

    主材料:もち粟 あわもち(無ければ玄米もちや普通の切りもち) 白いんげん豆

  • コンビーフピカタバーガー弁当

    • 60分超過
    • 980Kcal

    子どもが大好きなハンバーガー。コンビーフを使うことで手早く作れます。牛肉が原料のコンビーフは鉄分を多く含んでいて、ビタミンCの多い野菜と一緒に食べることで吸収が高まり、貧血予防に役立ちます。

    主材料:バンズパン コンビーフ トマト 新じゃがいも 揚げ油 にんじん きゅうり いちご オレンジ 牛乳

  • 豆腐入り白玉ぜんざい

    • 30分以下
    • 316Kcal
    • 塩分控えめ

    ぜんざいでありながら豆腐の栄養がとれる、うれしい一品。小豆の皮には食物繊維が多く含まれていますので、便秘解消にも有効です。砂糖の量を調節したり、甘味料を併用すればカロリーダウンもできます。

    主材料:絹ごし豆腐 白玉粉 小豆

  • いとこぜんざい

    • 60分以下
    • 470Kcal
    • 塩分控えめ

    甘くてほくほくとした食感がよく似ている小豆とかぼちゃは、どちらも強い抗酸化作用のある成分を含んだアンチエイジングに役立つ食材です。小豆にはポリフェノール、かぼちゃにはビタミンA、C、Eが豊富に含まれています。

    主材料:小豆 白玉粉 かぼちゃ