オーラルケアレシピ 4件

検索条件

  • お弁当
  • オーラルケア
オーラルケア
唾液が減ると口の中の自浄作用が弱くなり、虫歯や歯周病、口臭が発生しやすくなります。口の渇きを止め、粘膜を保護する食事や、食物繊維をたくさん含む食材を「良く噛む」ことで、唾液の分泌量を多くし、お口が潤うよう心がけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • タンドリー風チキン

    • 60分超過
    • 249Kcal
    • 塩分控えめ

    ヨーグルトとカレーの風味がマッチした人気のタンドリーチキンです。カレー粉は新陳代謝を高めて食欲を増進させます。また、ヨーグルトに漬け込むと、乳酸菌の働きでたんぱく質や脂質が消化吸収されやすい状態になります。

    主材料:鶏もも肉 プレーンヨーグルト

  • 新じゃがのヨーグルトごまサラダ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 202Kcal
    • 塩分控えめ

    じゃがいもはアルカリ性食品なので、肉や油料理に付け合わせることにより、体内の酸性化を防ぎます。調理のポイントは皮ごとゆでたり焼いたりすることで、じゃがいもの風味を生かし、ビタミンCも効率よく摂取できます。

    主材料:新じゃがいも プレーンヨーグルト すりごま(白)

  • カレー風味の変わりえびフライ

    • 60分以下
    • 287Kcal

    脂肪分が少なく高たんぱくのえびに、コーンフレークで衣をつけ、オーブンで焼くので、カロリーを抑えて仕上げることができます。カレー粉やガーリックには食欲を増進させ、新陳代謝を高める作用があります。

    主材料:えび プレーンヨーグルト カレー粉 ガーリックパウダー

  • 鮭入りポテトサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 145Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭に豊富に含まれるビタミンAやビタミンDは脂溶性のビタミンなので、マヨネーズを使うことで油分と一緒に摂取でき、吸収がよくなります。

    主材料:鮭(甘塩) じゃがいも

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す