花粉症にレシピ 8件

検索条件

  • お弁当
  • 花粉症に
花粉症に
青背の魚のEPAでアレルギー症状を抑え、野菜のビタミンACEで抵抗力をつけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • まぐろと夏野菜の竜田揚げ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 222Kcal

    揚げ物料理ですが、まぐろを使うことでDHAやEPAが摂取でき、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化や高血圧が気になる方にも、揚げ物料理の中では夏野菜がたくさんとれるので、おすすめです。

    主材料:まぐろ(柵または薄切り) なす

  • まぐろの梅照り焼き

    • かんたん
    • 10分以下
    • 151Kcal

    まぐろは、良質のたんぱく質と不飽和脂肪酸のDHAやEPA、鉄、タウリン、ビタミンEなどを豊富に含んでおり、血液をサラサラにし、動脈硬化、高血圧の予防と改善に役立ちます。梅酒に多く含まれているクエン酸にも中性脂肪を下げ、血流改善効果があるため、様々な生活習慣病予防に適する主食として楽しめます。また、クエン酸には、疲れの原因となる乳酸を分解し、エネルギー代謝を活発にする働きがあり、疲労回復効果があると言われています。ちなみに、梅酒に含まれているクエン酸の含有率は、レモンの15倍、梅干しの6倍もあります。

    主材料:まぐろ(柵またはスライス) 玉ねぎ 梅酒

  • 鮭のしっとり柚庵焼き

    • 60分以下
    • 145Kcal

    鮭にはビタミンEやB群、抗酸化作用の高いアスタキサンチンが多く含まれているため、風邪、皮膚疾患の改善と予防、抗ストレス作用の効果があります。皮の方が栄養価が高いゆずは、ビタミンCが果汁の4倍近く含まれているので、皮ごと使うことで効率よく摂取できます。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があり、鮭の効果をより引き立ててくれます。

    主材料:鮭(切り身) ゆず(薄切り)

  • 笹巻きずし

    • 60分超過
    • 144Kcal

    鯛にはビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン、カリウム、マグネシウム、銅、亜鉛といったミネラルが豊富です。ビタミンB1はエネルギー代謝を促進して疲労回復、ナイアシンは血行をよくして冷え性の改善に効果があります。

    主材料:米 鯛(刺身用) 鮭(刺身用)

  • ワインごまめ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 52Kcal
    • 塩分控えめ

    香りがよく、ワインの渋味と色の成分であるポリフェノールには、抗酸化作用があります。体内の細胞の酸化による老化を防ぎ、肌を守る働きがあります。アルコールが弱い方は料理に使うのがお勧めです。

    主材料:ごまめ 赤ワイン パルメザンチーズ

  • 新じゃがのヨーグルトごまサラダ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 202Kcal
    • 塩分控えめ

    じゃがいもはアルカリ性食品なので、肉や油料理に付け合わせることにより、体内の酸性化を防ぎます。調理のポイントは皮ごとゆでたり焼いたりすることで、じゃがいもの風味を生かし、ビタミンCも効率よく摂取できます。

    主材料:新じゃがいも プレーンヨーグルト すりごま(白)

  • いわし団子のみそ風味揚げ

    • 60分以下
    • 40Kcal
    • 塩分控えめ

    いわしはDHAやEPAを豊富に含み、血液をサラサラにする効果が期待できます。また、ビタミンB2も多く含んでいますので、脂質代謝を促進します。ビタミンB6は、揚げ物の油が気になる方は積極的にとりたい栄養素です。

    主材料:いわし 赤みそ

  • 鮭と里いもの炊き込みご飯

    • かんたん
    • 60分超過
    • 550Kcal

    鮭にはDHAやEPA、タウリンが豊富に含まれていますので、記憶力向上や生活習慣病予防に効果的に作用します。ビタミンB群やDも多く、肌の健康を保ち、カルシウムの吸収を助けます。里いもにも脳細胞を活性化させる成分が含まれています。

    主材料:米 鮭(甘塩) 里いも

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す