疲労にレシピ 236件

検索条件

  • お弁当
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • みょうがと鶏肉のうま煮

    • かんたん
    • 30分以下
    • 359Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに鶏肉を組み合わせることで、体を作る材料となるたんぱく質と、活性酸素を除去する効果が高いイミダゾールジペプチドを摂取でき、体内の酸化、老化を防ぎ、疲労回復に効果的です。また、酢を加えた煮物で食べやすいだけでなく、酢に含まれるクエン酸が相乗してより疲労回復に高い効果が期待できる組み合わせです。

    主材料:鶏もも肉 みょうが

  • みょうがとオクラと豚肉の甘酢炒め

    • 20分以下
    • 216Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに豚肉を組み合わせることで、体を作る材料となるタンパク質と、特にエネルギー代謝に役立つビタミンB1が豊富に摂取でき、スタミナのある体づくりに有効な献立です。食欲が減退しやすい夏の食事として、甘酢を加えて食べやすく、オクラに整腸作用があることから消化もよくお勧めの組み合わせです。

    主材料:豚肉(こま切れ) みょうが オクラ

  • なめこと牛肉のごま山椒炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 443Kcal

    肌の代謝を改善して美肌を目指すには、細胞の一番の材料になる良質なたんぱく質とバランスのとれた栄養の摂取が必要です。脂分が少なく、良質なたんぱく質が豊富な赤身の牛肉に、皮膚や粘膜の形成を正常に保つカロテンが豊富な青ねぎ、乾燥肌の改善など保湿に効果的なコンドロイチンが豊富ななめこを組み合わせることで、美肌づくりに役立ちます。

    主材料:なめこ 牛バラ肉 いりごま(白) 粉山椒

  • なすとほうれん草の甘酢なめこ煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 156Kcal

    なすの皮に含まれる色素成分ナスニンは、抗酸化作用が強く、しみ・そばかす、しわなど肌の老化にも効果的。また、ほうれん草の鉄分が貧血を防ぎ、ビタミンEには血管の酸化を防ぐ働きがあります。さらに、なめこに含まれるぬめりの主成分コンドロイチンは肌の乾燥を防ぐのに働きます。血行や肌の血色がよくなる美肌効果の高い組み合わせです。

    主材料:なめこ なす ほうれん草

  • まいたけといわし缶のトマト煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 235Kcal

    中性脂肪が多く血液ドロドロに偏ると、全身に栄養が供給しにくく、血管にも負担がかかってきます。抗酸化作用の高いトマトや、DHA、EPAが豊富ないわしを組み合わせることで血液サラサラ効果が期待でき、まいたけの効能、免疫力改善効果をより効率よく手に入れ、風邪・インフルエンザ予防に役立てましょう。

    主材料:まいたけ いわし味付け(缶詰) トマトケチャップ

  • いわしと玉ねぎのトマト煮

    • 60分以下
    • 198Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝が良くなり、いわしに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的になります。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高い為、体の酸化を防いでくれるだけでなく、メラニン生成を促す活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑えます。その結果、美肌や美白にもつながり、血流改善と組み合わせることでより効果的になります。

    主材料:玉ねぎ いわし カットトマト(缶詰)

  • 高野豆腐と青じその豚肉巻き

    • 30分以下
    • 133Kcal

    高野豆腐には、脂質の代謝を促進する大豆サポニンの他、老化を予防するビタミンE、骨粗しょう症の予防につながるイソフラボン、カルシウム、鉄、食物繊維も豊富です。また豚肉の豊富なビタミンB1が糖質の代謝を促進し、新陳代謝を活発にするのに役立ちます。

    主材料:高野豆腐 豚肉(薄切り) 青じそ

  • 塩豚肉じゃが

    • 30分以下
    • 273Kcal

    じゃがいもに豊富なビタミンCには、美肌に効果的なコラーゲン生成促進、シワの原因ともなる活性酸素の除去、シミの原因となるメラニンの阻害などの働きがあり、美肌に効果的。豚肉に含まれるビタミンB1は疲労回復や体内のエネルギーの代謝に効果的です。疲れやすく、肌の調子が不調の方は豚肉も一緒に取ることで体全体の代謝も良くして美肌効果をより効率よく高めましょう。ランチに食べると午後からの活力にもなります。

    主材料:豚バラ肉(スライス) じゃがいも(男爵) 玉ねぎ 糸こんにゃく

  • にんじんとひじきとさば缶のきんぴら

    • 10分以下
    • 119Kcal
    • 塩分控えめ

    にんじんに含まれるβカロテンが体内でビタミンAに変わり呼吸器官や目などの粘膜を強化し、花粉症などの症状を軽減してくれます。さばに含まれるDHA、EPAにも免疫機能の正常化を促し、アレルギー症状を抑制する効果が期待できるため、花粉症や風邪予防などには、より効果的な組み合わせです。

    主材料:にんじん 乾燥ひじき さば水煮(缶詰)

  • 冷凍作り置きスタッフドバゲット

    • かんたん
    • 30分以下
    • 722Kcal

    ツナ缶は、脳の働きに作用して記憶力の向上や認知症の改善に作用するDHA、血液をサラサラにしててくれるEPAがたっぷり含まれています。またくるみに含まれるα-リノレン酸の血液サラサラ効果により血行を促進する相乗効果が期待できます。

    主材料:バゲット ツナ(缶詰) クリームチーズ

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す