レシピの検索結果 632件

検索条件

  • お弁当
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • きゅうりの塩昆布漬け

    • 60分以下
    • 8Kcal
    • 塩分控えめ

    きゅうりは、カリウムや、利尿作用のある成分を含んでおり、身体にこもった熱を取り除く作用があるため、夏バテを解消する効果が期待できます。

    主材料:きゅうり 塩昆布(細切り)

  • みょうがとなすのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal

    みょうがに含まれる精油成分α-ピネンの、発汗、利尿作用の促進効果により、体にこもった余分な熱を排出することができます。更になすを組み合わせることで、なすに豊富なカリウムが、より体の熱を発散してくれます。冷やし過ぎは気になりますが、みょうがには血流を良くする効果もあり、反対に体を適度に温めることもできます。余分な熱を排出しながら冷え過ぎを緩和できる、夏バテ対策には最適な組み合わせです。利尿作用が強いことから、むくみ改善、デトックス効果も期待できます。

    主材料:なす みょうが 青じそ

  • エリンギと菜の花のからし浸し

    • かんたん
    • 10分以下
    • 18Kcal
    • 塩分控えめ

    エリンギに豊富な不溶性食物繊維により、腸内の有害物質を効率よく排出し、便秘・整腸を促し、腸が整うことで免疫力がアップします。エリンギにはビタミン類とミネラル分も豊富ですが、菜の花を組み合わせることで、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが補給できます。からしの殺菌効果も含め、免疫強化に効果的な組み合わせです。

    主材料:エリンギ 菜の花 練りからし

  • ミニトマトの和風マリネ

    • 60分超過
    • 21Kcal
    • 塩分控えめ

    トマトはビタミンA、B、Cなどのビタミンを多く含みます。カリウムも豊富でアルカリ度の高い食品です。トマトの香りは、肉や魚のくさみをやわらげ、脂っこさを消す働きがあるので、肉類、魚類、卵などとよく合います。

    主材料:ミニトマト(赤) ミニトマト(黄)

  • パプリカのカレーマリネ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 21Kcal
    • 塩分控えめ

    カレー粉はいろいろなスパイスがブレンドされたもので、それぞれが独特な特徴や働きをもっています。香辛料を使うと、食塩やしょうゆの使用量が少なくなるので減塩食となり、血圧が気になる方の食事にも適しています。

    主材料:パプリカ(赤) パプリカ(黄) 酢 カレー粉

  • キャベツとしょうがのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 22Kcal
    • 塩分控えめ

    キャベツに豊富なビタミンCは風邪予防や疲労回復に働きます。更にしょうがを加えることで体が温められ、より風邪予防に効果的です。また胃腸の調子が良くないと十分に栄養を吸収できません。キャベツのビタミンUは胃や十二指腸の粘膜を丈夫にし、消化吸収の負担を軽くして健康に導いてくれます。

    主材料:キャベツ 青じそ

  • 小松菜と桜えびの和え物

    • かんたん
    • 10分以下
    • 23Kcal

    小松菜はカルシウム、鉄分、ビタミンA、Cが豊富です。ビタミンAやCは小松菜100gで1日の必要量をほとんどとることができるほど、栄養価の高い野菜です。アクが少ないので、下ゆでせずに煮たり、炒めたりすることもできます。

    主材料:小松菜 桜えび

  • ほうれん草ののり和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 24Kcal
    • 塩分控えめ

    ほうれん草には、ビタミンA、C、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。鉄分はヘモグロビンの材料になるで、鉄分の不足による貧血やスタミナが不足するのを防ぐ働きがあります。

    主材料:ほうれん草 もみのり

  • 伏見唐辛子の焼き浸し

    • かんたん
    • 10分以下
    • 24Kcal

    カルシウムはピーマンの2倍、食物繊維は3倍の含有量がある伏見唐辛子。さらにビタミンCも豊富に含むので、夏バテを解消にお勧めの食材です。

    主材料:伏見唐辛子

  • 豆苗とほうれん草ののりナムル

    • かんたん
    • 10分以下
    • 26Kcal
    • 塩分控えめ

    造血のビタミンとも言われる葉酸が豊富な豆苗に加え、更に含有量の豊富なほうれん草を組み合わせることで、妊活中の男女、妊娠・授乳中の方のよりよい身体づくりや、子どもの順調な発育に、葉酸の効果が期待できます。さらに、妊娠中に不足しやすい鉄分も補え、貧血を防ぎ、疲労回復や心の状態の安定にもつながります。

    主材料:豆苗 ほうれん草 韓国のり

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す