レシピの検索結果 512件

検索条件

  • 揚げる
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • とうもろこしの豆腐揚げ

    • 20分以下
    • 279Kcal
    • 塩分控えめ

    とうもろこしに含まれるビタミンB群とアスパラギン酸が糖分を効率よく代謝し、エネルギーを作ってくれるので、疲れやすい方にぜひ食べてほしい食材です。豆腐を組み合わせることで良質なたんぱく質を補充し、細胞の代謝をスムーズに導きます。大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするので、冷房などの温度変化でストレスを受けた体を調整してくれます。

    主材料:木綿豆腐 とうもろこし 片栗粉

  • 夏越ご飯

    • 30分以下
    • 737Kcal

    心身の穢れや厄災を祓い清める6月30日の儀式「夏後の祓(なつごのはらえ)」に提供される夏越ごはんは、厄災を祓い清める茅の輪(ちのわ)くぐりの茅の輪に見立て、赤や緑の旬菜で作られた丸いかき揚げを雑穀ご飯にのせた料理です。関西では氷の節句に由来する水無月という和菓子が提供されていますが、関東では近年夏越ごはんが普及推進されています。栄養価的にも、青じそや雑穀の豊富なミネラル、ビタミンを含んでおり、しっかりエネルギーを取りながら代謝も効率よく行われ、疲労回復につながります。スタミナをつけて夏を乗り越えるのにおすすめのレシピです。

    主材料:玉ねぎ かぼちゃ にんじん 青じそ 干しえび 雑穀ご飯 大根(おろし)

  • 梅しそ鶏天

    • 60分以下
    • 388Kcal

    梅に含まれるクエン酸は筋肉にたまった疲労物質である乳酸をエネルギーに変えるのに役立ちます。また、鶏むね肉に豊富なアミノ酸の一種イミダペプチドは、疲労の原因となる活性酸素を抑えて細胞へのダメージを防ぎ、疲労回復を促すのに働きます。さらに青じそを加えることで、食欲を増進させて胃の調子を整えると同時に、豊富なビタミン・ミネラルも相乗してより効果的に疲労回復につながります。活動的な方におすすめの体力強化に役立つレシピです。

    主材料:鶏むね肉 青じそ 梅肉

  • オクラのフライ梅肉みそとしそチーズ

    • 60分以下
    • 366Kcal

    体の代謝を効率よくするためにはビタミンB群が必要です。ビタミンB群は主に脂溶性の為、脂も一緒にとらなくてはいけません。脂は体の構成物質ですので、もともと適度に摂取する必要もあります。同じ揚げ物でも、オクラならお肉よりあっさりと、しかもカルシウム・鉄・カロテン・ビタミンCなどを多く含み、栄養価も高いので、代謝を改善してスタミナ作りに効果的です。梅肉に含まれるクエン酸にも疲労回復効果があり、あわせてとることでさらに効果が期待できます。

    主材料:オクラ 梅肉 みそ スライスチーズ

  • 里いもで甘辛大学いも

    • 30分以下
    • 130Kcal
    • 塩分控えめ

    小腹がすいてきて脳の栄養が足りなくなってくるおやつの時間に、甘い里いもで補給しましょう。リラックス効果もあり、唐辛子のカプサイシンがやる気のホルモンドーパミンの分泌を促してくれます。また、身体を温めて疲労回復にも。

    主材料:里いも

  • 新しょうがと玉ねぎのかき揚げ

    • 30分以下
    • 210Kcal

    加熱したしょうがに含まれるショウガオールには、身体を深部から温める効果があり、糖質や脂質の燃焼を促し、余分なコレステロールを抑えるのに役立ちます。血行をよくすることで、冷え性の改善と新陳代謝の促進に効果が期待できます。

    主材料:新しょうが 玉ねぎ さやいんげん 塩 薄力粉 片栗粉 水

  • 揚げだし里いも

    • 20分以下
    • 159Kcal

    揚げだし豆腐の里いも版。いも類の中では低カロリーな里いものヘルシーおつまみ。大根には消化酵素のアミラーゼが含まれ消化を促進する作用があり、胃もたれ、胸やけ、二日酔いに相乗効果が期待できます。

    主材料:里いも

  • ぶりタレカツ

    • 30分以下
    • 566Kcal

    冬に旬を迎えるぶりは、たんぱく質と脂質が豊富に含まれています。特に体内でカルシウムが吸収するのを助けるビタミンDが多く、 鉄分も豊富に含まれ、貧血に改善が期待できます。また不飽和脂肪酸のEPA、DHAを含んでいて、血中のコレステロールを下げて血液の流れを良くします。

    主材料:ぶり(切り身)

  • まぐろと夏野菜の竜田揚げ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 222Kcal

    揚げ物料理ですが、まぐろを使うことでDHAやEPAが摂取でき、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化や高血圧が気になる方にも、揚げ物料理の中では夏野菜がたくさんとれるので、おすすめです。

    主材料:まぐろ(柵または薄切り) なす

  • トマトと小あじの南蛮漬け

    • 20分以下
    • 364Kcal

    トマトに豊富なビタミンA、Cに加えて、良質なたんぱく質を含むあじを一緒に摂取することで、粘膜強化や美肌に、より効果的な一品になります。また、トマトに含まれるリコピンは加熱することで吸収しやすくなる為、活性酸素を除去し、老化防止の効果もより強く働きます。小あじでカルシウムも豊富に摂取でき、トマトの脂肪燃焼効果も認められているので、揚げものでも安心して食べられる、特に女性にはおすすめなレシピです。

    主材料:小あじ ミディトマト 玉ねぎ