ダイエットレシピ 1227件

検索条件

  • ダイエット
ダイエット
偏った食生活を続けるダイエットは、不健康を招き逆効果です。食べる量を減らしても、たんぱく質や野菜を中心に摂るように心がけましょう。低脂肪の赤身肉や魚介類を中心に、野菜をたっぷり添えてビタミン・ミネラルをしっかり摂りましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • にんにくのしょうゆ漬け

    • かんたん
    • 60分超過
    • 120Kcal

    にんにくの香りであるアリシンは抗酸化作用があり、切ったりつぶしたりして細胞が破壊されると作られます。アリシンには体力増強などの薬効もあるとされています。

    主材料:にんにく しょうゆ

  • 小松菜とさんまの蒲焼きの和え物

    • かんたん
    • 10分以下
    • 49Kcal
    • 塩分控えめ

    小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜で、β-カロテンやカルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラル類、食物繊維などを多く含んでいます。特に野菜の中でのカルシウム含有量はトップクラスです。DHAやEPAが豊富なさんまと組み合わせてどうぞ。

    主材料:小松菜 さんまの蒲焼き

  • ふっくら炊き立て土鍋ご飯

    • 60分超過
    • 193Kcal
    • 塩分控えめ

    精白米の主成分は炭水化物で、他にたんぱく質、ビタミンB1、B2、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、食物繊維など栄養素が豊富に含まれています。

    主材料:精白米

  • こんにゃくご飯

    • 60分超過
    • 173Kcal
    • 塩分控えめ

    ダイエットフードの定番、こんにゃくは、グルコマンナンという水溶性の食物繊維を含んでいます。グルコマンナンは胃で消化されず腸まで届き、老廃物を掃除してくれます。

    主材料:米 しらたき

  • 骨せんべい

    • かんたん
    • 20分以下
    • 12Kcal
    • 塩分控えめ

    お酒の肴にもぴったりな骨せんべいです。かれいは、えんがわや骨の部分にコラーゲンが含まれています。コラーゲンはお肌の弾力や張りにかかわるとされていて、健康なお肌作りに欠かせない成分です。

    主材料:かれいの骨

  • ちりめん山椒のおむすび

    • かんたん
    • 10分以下
    • 74Kcal
    • 塩分控えめ

    ピリッとした山椒の辛味が食欲をそそるちりめん山椒には、カルシウムがたっぷり含まれています。カルシウムは骨粗しょう症予防に期待できるだけなく、イライラした気持ちを抑える働きもありますので、ストレスの多い方は多くとりたい栄養素です。

    主材料:白ご飯 ちりめん山椒

  • オクラのふりかけ和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 35Kcal

    オクラに豊富な葉酸はたんぱく質や細胞を新しく作り出すのに必要な栄養素です。不足すると免疫力の低下や、風邪をひきやすくなるなどにつながるので、しっかりとりましょう。

    主材料:オクラ ふりかけ(お好み)

  • ブロッコリーのドレッシング炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 81Kcal

    ブロッコリーには、美容と風邪予防に欠かせないビタミンCがレモンの約2倍含まれています。さらにβ-カロテンやビタミンB群、カリウム、食物繊維なども含んだ優れた食材です。細胞や赤血球の形成に不可欠な葉酸が多いのも特徴です。

    主材料:ブロッコリー ツナ(缶詰)

  • チキンナゲットの梅肉和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 57Kcal

    チキンナゲットは鶏肉の中でも脂質の少ない部位を使って作りますので、カロリーは控えめです。油で揚げずに電子レンジで加熱すれば、さらにヘルシーに仕上がります。梅肉に含まれるクエン酸は疲労回復に効果大です。

    主材料:チキンナゲット 青ねぎ

  • えんどう豆ご飯

    • かんたん
    • 60分超過
    • 287Kcal
    • 塩分控えめ

    生のえんどう豆が出回り始めると、春を感じますね。えんどう豆に含まれるアミノ酸のリジンは、身体の組織を回復、成長させる働きがあり、疲れやすい方にはぜひとってもらいたい食材です。

    主材料:米 えんどう豆(サヤ付き)