ダイエットレシピ 1227件

検索条件

  • ダイエット
ダイエット
偏った食生活を続けるダイエットは、不健康を招き逆効果です。食べる量を減らしても、たんぱく質や野菜を中心に摂るように心がけましょう。低脂肪の赤身肉や魚介類を中心に、野菜をたっぷり添えてビタミン・ミネラルをしっかり摂りましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 大根とりんごのゆずはちみつ漬け

    • かんたん
    • 60分超過
    • 89Kcal
    • 塩分控えめ

    薬を飲めない時でも、のど風邪に最適なおやつ漬けです。大根は消炎作用や殺菌作用を持っており、喉が腫れた感じがする、喉がイガイガして痛いというときに、大根と同じ働きのあるはちみつを組み合わせたおやつで、より効果的に風邪対策をしましょう。更にりんごを加えることでバランスよく栄養補給もできて一石二鳥です。

    主材料:大根

  • かぼちゃとカッテージチーズのサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 184Kcal

    かぼちゃは脂と一緒に摂るとビタミンA、Eの吸収がよくなり、抗酸化作用がより効果的になります。ただ、脂の摂り過ぎは禁物。ヘルシーなカッテージチーズとオリーブ油なら、良質な脂を適度に摂り、乳製品の良質なたんぱく質をしっかり摂取できます。

    主材料:かぼちゃ カッテージチーズ

  • プルプルささ身のかぼちゃ粥

    • かんたん
    • 60分以下
    • 120Kcal
    • 塩分控えめ

    消化のよいお粥はヘルシーに朝食を取りたい方に最適。すばやくエネルギーになり、朝から元気に過ごせます。さらにかぼちゃと玉ねぎを加えることでお米が少なくて済み、カロリーを抑えるだけでなく、免疫力もアップします。脂が少なく、やわらかく調理したささ身も消化がよく、かぼちゃのビタミンB群と相乗して筋肉や肌の代謝を促してくれます。すっきり身体を引き締めたい方におすすめの朝食です。

    主材料:鶏ささ身 かぼちゃ

  • 即席福神漬け

    • かんたん
    • 60分超過
    • 29Kcal

    大根には、でんぷんを分解するアミラーゼ、脂質を分解するリパーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼが豊富に含まれます。野菜に含まれる酵素は熱に弱く、調理後時間がたつにつれ失われます。生で食べる即席漬けはおすすめです。

    主材料:きゅうり にんじん なす 大根 しょうが

  • めんつゆにらだれの冷しゃぶサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 249Kcal
    • 塩分控えめ

    ニラに含まれるアリシンには疲労を回復させるビタミンB1の吸収を助ける作用があるため、糖質のエネルギー代謝を促すビタミンB1を含む豚肉一緒に摂ると、アリチアミンとなり疲労回復効果が期待できます。

    主材料:豚肉(しゃぶしゃぶ用)

  • 里いものスープカレー

    • かんたん
    • 20分以下
    • 164Kcal

    しっかり疲れを取り、明日の元気につなげたい夕食には、肉やうなぎなどのこってりしたスタミナ料理より、消化吸収のスムーズな野菜が最適。里いもやゴーヤーに多いビタミンB群は代謝を良くして疲労回復に効果的です。また、オクラに多いカロテンによる免疫力アップ、トマトに豊富な抗酸化作用での老化防止も期待できます。より吸収良くスープに、スパイスをたくさん含んで体もぽかぽかに血行も良くなり、良い睡眠が得られます。

    主材料:里いも なす 玉ねぎ トマトジュース

  • 里いもとあさりの煮っころがし

    • 30分以下
    • 132Kcal

    糖質源となり、栄養素のバランスがよい里いもと、疲労回復のビタミンB1や脳細胞の健康を保つ葉酸、コエンザイムQ10が豊富なえだ豆、疲労回復効果の高いタウリンが多いあさりをとることで、脳を活性化させ、疲労回復にもおすすめです。お昼ご飯やお弁当のおかずにすれば、午後のやる気アップにつながります。

    主材料:里いも あさり(缶詰)

  • 里いも雑炊

    • 20分以下
    • 214Kcal

    朝ご飯は、糖質をとって、脳に栄養を送ることが大切。血糖値が急激に上がると眠くなったりしてしまうので、食物繊維が豊富な里いもなどの野菜をたっぷりとりましょう。玉ねぎで血行を良くし、かぼちゃのカロテンが免疫力もアップしてくれます。

    主材料:里いも ご飯

  • 冷凍作り置き鮭ときのこのめんつゆ蒸し

    • かんたん
    • 30分以下
    • 169Kcal

    鮭の赤い身は、カロテノイド一種で、活性酵素を除去する働きをもつアスタキサンチンによるものです。またEPA、DHAも豊富でコレステロールを減少させてくれます。またきのこの食物繊維がコレステロールや脂肪の吸収を抑えるので相乗効果が期待できます。

    主材料:生鮭 しめじ しいたけ えのきたけ

  • なすとトマトのイタリアンサラダ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 101Kcal

    なすに含まれるカリウムが利尿作用を促進して老廃物と水分を排出してくれます。結果、代謝が改善され、他の栄養素も体へ浸透しやすくなります。良質な油、オリーブ油と美容のビタミンとも言われるビタミンA、コラーゲンを作るのに必須なビタミンC等が豊富に補えるレシピです。特になすの紫色、アントシアン、トマトに含まれるリコピンに抗酸化作用が強く、しみシワの改善や、体の中からも若返りを促す効能があり、アンチエイジングに最適です。

    主材料:なす トマト