便秘にレシピ 606件

検索条件

  • 便秘に
便秘に
便秘は多くの女性が抱える悩みの一つです。不規則な食事・ストレス・食物繊維不足などが絡み合って起こるので、規則正しい食事を心がけ、食物繊維の多い野菜やキノコ類をたっぷり摂り、腸の調子を整えましょう。ビフィズス菌やその栄養となるオリゴ糖を含む食品も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • にんにくのしょうゆ漬け

    • かんたん
    • 60分超過
    • 120Kcal

    にんにくの香りであるアリシンは抗酸化作用があり、切ったりつぶしたりして細胞が破壊されると作られます。アリシンには体力増強などの薬効もあるとされています。

    主材料:にんにく しょうゆ

  • あさりと菜の花の和え物

    • かんたん
    • 10分以下
    • 46Kcal
    • 塩分控えめ

    春を感じる食材、菜の花はβ-カロテンの宝庫。抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑えてくれるほか、免疫力アップにも効果を発揮します。また、あさりには鉄分とビタミンB12が含まれ、貧血予防、改善に有効に作用します。

    主材料:菜の花 あさり

  • ぜんざい

    • 60分超過
    • 474Kcal
    • 塩分控えめ

    生クリームやバターなどを使った洋菓子に比べて、ぜんざいなどの和菓子はカロリーが低めです。さらに小豆には食物繊維が多く含まれます。食物繊維は血糖の上昇を抑える働きがあるので、体脂肪の蓄積を抑えるのに役立ちます。

    主材料:小豆 もち

  • トロピカルフルーツサラダ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 174Kcal
    • 塩分控えめ

    フルーツがいっぱいのサラダです。生の果物はビタミンが破壊されずに食べられますので、ビタミンの働きが強力です。特に熱に弱いビタミンCがたっぷり含まれています。

    主材料:パイナップル(生) パパイヤ オレンジ キウイ

  • ごぼうの唐揚げ

    • 20分以下
    • 116Kcal
    • 塩分控えめ

    ごぼうは低カロリーでヘルシーな野菜です。お酒の肴には揚げ物など、どうしてもカロリーの高いものが多くなりがちですので、揚げる素材を低カロリーのものにして、カロリーのとり過ぎにならないよう気を付けましょう。

    主材料:ごぼう 唐揚げ粉

  • えだ豆とじゃこのさっぱり混ぜご飯

    • かんたん
    • 20分以下
    • 346Kcal

    えだ豆は、たんぱく質、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、食物繊維を含む、豆と野菜の両方の栄養素を合わせて持つ優秀食材です。また、ちりめんじゃこにはカルシウムが豊富に含まれています。

    主材料:ご飯(温かいもの) えだ豆

  • 紫ずきんのさやごとペペロンチーノ風

    • 20分以下
    • 197Kcal
    • 塩分控えめ

    紫ずきんに多く含まれているメチオニンや、ビタミンB1・Cがアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けてくれます。飲み過ぎや二日酔いに効果的ですので、お酒のあてには最適です。ナトリウム(塩分)を排泄する役割のあるカリウムも多く、むくみの解消にもなるので、塩分の多い食事に添えるのもお勧めです。

    主材料:紫ずきん(黒大豆えだ豆)

  • 基本の煮ごぼう

    • 60分超過
    • 138Kcal

    太く短い根が特徴的な京野菜・堀川ごぼうは、一般のごぼうに比べて食物繊維、ビタミンB1などの含有量が高めです。特にビタミンCは普通のごぼうの約3倍も多く含まれています。

    主材料:堀川ごぼう

  • 豆のスープ

    • かんたん
    • 60分超過
    • 252Kcal

    大豆に豊富に含まれているイソフラボンは、体内で女性ホルモンと似た働きをするとされています。摂取することで、肩こりや冷え性などの不調緩和や、骨密度の低下を予防することにも役立つとされています。

    主材料:白いんげん豆 じゃがいも

  • コーヒー黒豆

    • 60分超過
    • 358Kcal
    • 塩分控えめ

    黒豆は良質のたんぱく質やサポニン、イソフラボンなど大豆の優れた栄養と、アントシアニンという抗酸化作用のある色素をもち合わせた優れた食材です。美容にもアンチエイジングにも役立ちます。

    主材料:黒豆 インスタントコーヒー