貧血予防レシピ 944件

検索条件

  • 貧血予防
貧血予防
欠食や栄養の偏った食事を続けると、赤血球のヘモグロビンの構成成分である鉄分が不足して貧血になり、全身に様々な症状が現れます。肉類・魚介類などで鉄分を摂りましょう。(レバーにはビタミンAがたくさん含まれるため、妊娠初期は過剰摂取しないように注意しましょう)鉄分の吸収を助けるビタミンCと赤血球をつくるビタミンB12や葉酸などを一緒にとるとよいでしょう。エネルギーはしっかりとって栄養状態を良くします。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ローストビーフのサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 291Kcal

    肉料理に野菜を合わせるとメインの料理を引き立てておいしく見せるほかに、肉には含まれていないビタミンCなどのビタミンやカリウムなどのミネラル、食物繊維が加わり、栄養バランスの良い一品になります。

    主材料:ローストビーフ(市販) チコリー

  • 豚肉の二色巻き焼き

    • かんたん
    • 10分以下
    • 288Kcal

    豚肉のビタミンB1は、とった糖質を効率よく代謝するのを助けてくれます。また、納豆に含まれる納豆菌は腸での善玉菌の増殖を助け、ナットウキナーゼにより生活習慣病を予防してくれる優れものです。

    主材料:豚もも肉(薄切り) 辛子明太子 えのきたけ 納豆

  • セロリと砂肝の和え物

    • 10分以下
    • 141Kcal

    砂肝にはコラーゲンが比較的多く含まれます。また、きゅうりやセロリはカリウムを豊富に含んでいますので、とり過ぎたナトリウムの体外への排出に働くとされ、むくみや高血圧予防に役立ちます。

    主材料:セロリ きゅうり にんじん 砂肝

  • 新キャベツとミニトマトの香り漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 146Kcal
    • 塩分控えめ

    バジルには、ストレスを緩和するホルモンの分泌を促す作用が期待できます。また、レモンの香り成分には気分をリラックスさせる働きがあるとされていますので、ストレスが溜まりがちな方にお勧めのメニューです。

    主材料:新キャベツ ミニトマト バジル(乾燥)

  • あさりと菜の花の和え物

    • かんたん
    • 10分以下
    • 46Kcal
    • 塩分控えめ

    春を感じる食材、菜の花はβ-カロテンの宝庫。抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑えてくれるほか、免疫力アップにも効果を発揮します。また、あさりには鉄分とビタミンB12が含まれ、貧血予防、改善に有効に作用します。

    主材料:菜の花 あさり

  • ハンバーグサンド

    • かんたん
    • 10分以下
    • 608Kcal

    炭水化物、たんぱく質、野菜類の3種を全てそろえると栄養バランスのとれた内容になります。もちろん野菜類は十分にとった方がよいですので、サラダやフルーツを組み合わせてもよいでしょう。レーズンパンからは鉄分がとれます。

    主材料:レーズンパン(山食型) ハンバーグ(冷凍) レタス トマト(スライス)

  • キャベツと厚揚げのしょうが焼き

    • 10分以下
    • 220Kcal

    厚揚げはカルシウムやサポニン、イソフラボンなどを多く含んでいます。イソフラボンはカルシウムの骨からの流出を防ぐ働きがあるとされています。女性にとってうれしい美肌効果もあると言われています。

    主材料:キャベツ 厚揚げ(長方形) しょうが(おろし)

  • ほうれん草のお浸し

    • かんたん
    • 10分以下
    • 41Kcal

    ほうれん草は鉄分やカリウムなどのミネラル、β-カロテンや葉酸などのビタミンを豊富に含む緑黄色野菜です。β-カロテンは強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてアンチエイジングに役立ちます。

    主材料:ほうれん草 しめじ

  • 豆乳と黒ごまのモーニングジュース

    • かんたん
    • 10分以下
    • 201Kcal
    • 塩分控えめ

    黒ごまにはビタミンEや不飽和脂肪酸やカルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。良質なたんぱく質をはじめイソフラボンなど健康に役立つ成分が豊富な豆乳とは、生活習慣病が気になる方にもお勧めの組み合わせです。

    主材料:豆乳 練りごま(黒)

  • 納豆チーズ丼

    • かんたん
    • 10分以下
    • 521Kcal

    ご飯からは炭水化物、納豆とチーズからはたんぱく質がとれます。主食と主菜がそろった丼物なので、野菜がたっぷりの副菜や汁物を組み合わせると、栄養バランスが整います。主食、主菜、副菜がそろうように意識してみましょう。

    主材料:ご飯 納豆 プロセスチーズ