貧血予防レシピ 947件

検索条件

  • 貧血予防
貧血予防
欠食や栄養の偏った食事を続けると、赤血球のヘモグロビンの構成成分である鉄分が不足して貧血になり、全身に様々な症状が現れます。肉類・魚介類などで鉄分を摂りましょう。(レバーにはビタミンAがたくさん含まれるため、妊娠初期は過剰摂取しないように注意しましょう)鉄分の吸収を助けるビタミンCと赤血球をつくるビタミンB12や葉酸などを一緒にとるとよいでしょう。エネルギーはしっかりとって栄養状態を良くします。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • まいたけといわし缶のトマト煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 235Kcal

    中性脂肪が多く血液ドロドロに偏ると、全身に栄養が供給しにくく、血管にも負担がかかってきます。抗酸化作用の高いトマトや、DHA、EPAが豊富ないわしを組み合わせることで血液サラサラ効果が期待でき、まいたけの効能、免疫力改善効果をより効率よく手に入れ、風邪・インフルエンザ予防に役立てましょう。

    主材料:まいたけ いわし味付け(缶詰) トマトケチャップ

  • しめじとはまぐりの卵とじうどん

    • 20分以下
    • 292Kcal

    しめじに豊富なビタミンDはカルシウムの吸収促進により、ストレスを和らげるのに役立ちます。糖質であるうどんを減らしても、しめじの食感で満足感も得られるのでヘルシー。受験生やお仕事向けのお夜食にもぴったりです。はまぐりを合わせることで旨みがでるだけでなく、疲労回復、神経機能の正常化など、しめじの栄養素と相乗して効果が期待できます。受験生の方には七味などをかけて少々刺激をプラスするのもおすすめです。

    主材料:しめじ はまぐり 卵 うどん

  • キャベツたっぷり豆腐クリームのサンドイッチ

    • 60分以下
    • 433Kcal

    キャベツに豊富なビタミンUが荒れた胃腸の粘膜を修復して保護するのに役立ちます。一日に必要なたんぱく質を豆腐から、エネルギーの素となる炭水化物をパンからバランスよく摂取できます。もたれた胃腸も回復できる食べやすいメニューです。食べずに回復を待つより、軽く食べて必要な栄養をとることも大切です。

    主材料:食パン(8枚切り) キャベツ 絹ごし豆腐

  • ほうれん草と鶏肉の豆腐グラタン

    • 20分以下
    • 178Kcal

    ほうれん草に豊富な鉄分を効率よく吸収するにはたんぱく質を一緒にとるのも効果的です。血液を健やかに保つには、鶏肉やチーズ、豆腐など、多種のたんぱく質食材をバランスよく摂取しましょう。豆腐と白みそで作る簡単ソースのヘルシーなグラタンです。

    主材料:ほうれん草 鶏もも肉 絹ごし豆腐 豆乳 溶けるチーズ

  • きゅうりと甘酢しょうがの冷めん風冷奴

    • かんたん
    • 10分以下
    • 353Kcal

    きゅうりの、身体の余分な熱を排出する効果に加えて、しょうがをたっぷり入れることで、身体の芯は温め、冷え過ぎを防止します。きゅうりのβ-カロテン、ビタミンCと豆腐のたんぱく質が相乗し、うるおいのある肌を保持することもでき、夏場の女性におすすめの献立です。

    主材料:絹ごし豆腐 きゅうり しょうがの甘酢漬け 青じそ 温泉卵

  • いわしと玉ねぎのトマト煮

    • 60分以下
    • 198Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝が良くなり、いわしに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的になります。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高い為、体の酸化を防いでくれるだけでなく、メラニン生成を促す活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑えます。その結果、美肌や美白にもつながり、血流改善と組み合わせることでより効果的になります。

    主材料:玉ねぎ いわし カットトマト(缶詰)

  • さばと玉ねぎの甘酢炒め

    • 20分以下
    • 646Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果に加えて、さばの血合いの部分に多く含まれる不飽和脂肪酸のEPAには血を固まりにくくして血管を丈夫にし、血栓ができるのを防ぐ働きがあるため、動脈硬化や心臓病など生活習慣病の予防に効果が期待できます。また、DHAも含んでおり、脳の働きを活発にして記憶力や集中力を高める働きがあるので、お昼に食べると午後からの効率アップにつながりお勧めです。

    主材料:さば 玉ねぎ にんじん ピーマン

  • 厚揚げと豆苗の煮浸し

    • かんたん
    • 20分以下
    • 171Kcal

    えんどう豆の種を発芽させた若い葉と茎である豆苗は、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維が豊富です。厚揚げと一緒にとることで、β-カロテンの吸収率が良くなる他、抗酸化作用アップにもつながります。また、食物繊維が腸内環境を整えることによるデトックス効果も期待できます。

    主材料:厚揚げ 豆苗 もやし

  • 鶏レバーと新じゃがのあっさり煮物

    • 60分超過
    • 287Kcal

    レバーに含まれるたんぱく質と鉄、じゃがいものビタミンCが相互に働き、効率よいコラーゲン生成につながります。また、鉄は、皮膚・粘膜の合成に欠かせない栄養素であり、美肌の天敵であるシミやニキビを攻略して、ハリをもたらしてくれます。ビタミンCの美肌効果もプラスされ、美白はもちろん、美容全般に最適なお料理です。

    主材料:新じゃがいも 鶏レバー 糸こんにゃく

  • 鮭とじゃがいものレモンはさみ焼き

    • 10分以下
    • 276Kcal

    紫外線に負けない美肌作りにおすすめのレシピです。じゃがいもやレモンに豊富なビタミンCが、シミの原因となるメラニンを阻害し、コラーゲン生成を促進するため、美白だけでなくハリ・ツヤにも効果的です。更に鮭に含まれ赤い色のもとであるアスタキサンチンは抗酸化作用が非常に強く、肌の老化対策に役立ちます。レモンなどの柑橘類には光を浴びることでメラニンの沈着を促進する成分が含まれているので、食後に日光を浴びる朝食より、夕食にとるとよいでしょう。

    主材料:じゃがいも 鮭