貧血予防レシピ 944件

検索条件

  • 貧血予防
貧血予防
欠食や栄養の偏った食事を続けると、赤血球のヘモグロビンの構成成分である鉄分が不足して貧血になり、全身に様々な症状が現れます。肉類・魚介類などで鉄分を摂りましょう。(レバーにはビタミンAがたくさん含まれるため、妊娠初期は過剰摂取しないように注意しましょう)鉄分の吸収を助けるビタミンCと赤血球をつくるビタミンB12や葉酸などを一緒にとるとよいでしょう。エネルギーはしっかりとって栄養状態を良くします。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 小松菜とトマトのピザ風トースト

    • かんたん
    • 10分以下
    • 260Kcal

    1枚のトーストでも、塩もみした小松菜をのせることで、野菜を一緒にとることができ、栄養バランスも整います。チーズ同様、豊富に含まれるカルシウムが緊張や興奮を緩和し、ストレスを軽減してくれます。肩の力を抜いてリラックスして一日を始めたい時の朝食におすすめです。

    主材料:食パン 小松菜 ピザ用チーズ

  • 白菜めんの担々めん

    • 20分以下
    • 298Kcal

    白菜は低カロリーで低GIの食材。めんをたっぷりの白菜に置き換えてヘルシーに担々めんを楽しめます。ごまに含まれるセサミンには、アセトアルデヒドの分解を促進する効果が期待できるため、二日酔い予防にもおすすめ。白菜のカリウムでむくみ予防にもなるので、お酒を飲んだ後の〆料理としても最適なレシピです。

    主材料:白菜 豚ひき肉

  • 白菜のクラムチャウダー

    • 20分以下
    • 130Kcal

    牛乳に含まれるセロトニンが、アルコールによって拡張した血管を収縮させて頭痛を和らげてくれます。また、あさりには、肝臓で脂肪代謝を助けるタウリンや、肝機能を高める成分、アミノ酸・ミネラル・グリコーゲンが含まれているので二日酔い自体も改善できます。同じ貝類でも、あさりの代わりに、かきを使うとより効果的です。

    主材料:白菜 あさり(缶詰) 牛乳

  • ぶりと豆腐のみぞれ鍋

    • 20分以下
    • 581Kcal

    寒気がして風邪の予兆が見られたら、温かいものを食べて暖かくしてゆっくり過ごすのが一番。タンパク質が豊富で消化の良い豆腐と、ぶりに豊富なDHA、EPA、更に消化を助ける大根を組み合わせた、体が温まるしょうが入りの鍋で、風邪を吹き飛ばしましょう。

    主材料:ぶり 焼き豆腐 大根(おろし)

  • きのこと長ねぎのおろしそば

    • 20分以下
    • 381Kcal

    風邪で弱った体には、温かくのど越しの良いものが一番。きのこと大根おろしのとろみであっさりしたそばなら、体を温めながら栄養補給が出来ます。更に温め効果のある長ねぎをたっぷり入れ、のどの炎症によく、消化を促進してくれる生の大根おろしを添えることで、弱った胃腸にも役立ちます。

    主材料:そば 大根(おろし) 長ねぎ なめこ えのきたけ

  • 冷凍作り置きスタッフドバゲット

    • かんたん
    • 30分以下
    • 722Kcal

    ツナ缶は、脳の働きに作用して記憶力の向上や認知症の改善に作用するDHA、血液をサラサラにしててくれるEPAがたっぷり含まれています。またくるみに含まれるα-リノレン酸の血液サラサラ効果により血行を促進する相乗効果が期待できます。

    主材料:バゲット ツナ(缶詰) クリームチーズ

  • 里いもとあさりの煮っころがし

    • 30分以下
    • 132Kcal

    糖質源となり、栄養素のバランスがよい里いもと、疲労回復のビタミンB1や脳細胞の健康を保つ葉酸、コエンザイムQ10が豊富なえだ豆、疲労回復効果の高いタウリンが多いあさりをとることで、脳を活性化させ、疲労回復にもおすすめです。お昼ご飯やお弁当のおかずにすれば、午後のやる気アップにつながります。

    主材料:里いも あさり(缶詰)

  • 夏野菜のキーマカレー添え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 301Kcal

    むくみで体の水分が滞っていると代謝不足で疲労物質も貯まりやすく、疲れが取れにくくなってしまいます。なすの利尿効果でまずむくみを改善し、にんにくのアリシンや、スパイス、しょうがなどの代謝を良くして身体を温める効果により疲れにくい身体つくりをしましょう。豚肉のたんぱく質、夏野菜のビタミン類も摂取でき、スタミナ作りに最適です。

    主材料:なす かぼちゃ ミニトマト ピーマン オクラ 豚ひき肉 カレー粉

  • タイ風焼きなすサラダ

    • 20分以下
    • 223Kcal

    なすに含まれるカリウムが利尿作用を促し、むくみが取れ、リンパ液の代謝を促します。一緒にパプリカ、レモン、アーモンドを取ることで、美容のビタミンとも言われる、ビタミンACEをバランスよく摂取できます。同時に牛肉からたんぱく質とコラーゲンを補充することで、美肌への相乗効果を体全体にいきわたらせることが出来ます。更に玉ねぎの血液サラサラ作用も加わり効果的です。

    主材料:なす 牛ひき肉

  • アボカドとツナのめんつゆパスタ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 473Kcal

    アボカドは、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。またリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれ悪玉コレステロール値を下げてくれる効果があるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:アボカド ツナ(缶詰・ライトタイプ) スパゲッティ