貧血予防レシピ 947件

検索条件

  • 貧血予防
貧血予防
欠食や栄養の偏った食事を続けると、赤血球のヘモグロビンの構成成分である鉄分が不足して貧血になり、全身に様々な症状が現れます。肉類・魚介類などで鉄分を摂りましょう。(レバーにはビタミンAがたくさん含まれるため、妊娠初期は過剰摂取しないように注意しましょう)鉄分の吸収を助けるビタミンCと赤血球をつくるビタミンB12や葉酸などを一緒にとるとよいでしょう。エネルギーはしっかりとって栄養状態を良くします。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ごぼうのみそキムチ鍋

    • 60分超過
    • 473Kcal

    ダイエットのスタートにおすすめ!食物繊維が豊富でデトックス効果の高いごぼうは、摂取した糖質や脂質の吸収を抑え、排出を促してくれます。さらに、体内に貯蓄されたエネルギーを唐辛子のカプサイシンが燃焼、あつあつの鍋で身体を温め、新陳代謝も良くなり、ダイエットに効果的です。まずは代謝を良くして老廃物を出してからダイエットをしましょう。

    主材料:キムチ 豚肉 ごぼう

  • あっさりれんこんソースのひき肉きのこグラタン

    • 60分以下
    • 460Kcal

    脂質が多いためにカロリーが上がってしまうグラタン。ホワイトソースをれんこんのすりおろしで作ると、とろみやボリューム、うま味は濃厚なまま、あっさり仕上がります。材料もきのこをたっぷりにすることで食物繊維を大量に摂取でき、腸内の大掃除に大活躍です。

    主材料:れんこん 鶏ひき肉 えのきたけ しめじ まいたけ

  • ちくわもち

    • かんたん
    • 10分以下
    • 365Kcal

    ちくわは、ビタミンやミネラルなどの栄養をバランスよく含み、低脂肪でたんぱく質も豊富です。また必須アミノ酸がバランスよく含くまれていて、体内への吸収が良く、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸が含まれているので、生活習慣病をはじめ様々な効果を期待できます。

    主材料:ちくわ 角もち

  • ツナと豆腐のお好み焼き

    • 20分以下
    • 401Kcal

    まぐろやかつおが主原料のツナ缶はたんぱく質も豊富です。記憶力の向上や認知症の改善に作用するDHA、血液をサラサラにしてくれるEPAがたっぷり含まれています。ツナ缶の油の成分も魚の栄養分が溶け込んでいて、油に含まれているリノール酸は動脈硬化予防に役立ちます。

    主材料:ツナ(缶詰・ライトタイプ) 木綿豆腐 キャベツ

  • 焼き油揚げのそら豆豆乳ディップのせ

    • 30分以下
    • 389Kcal

    そら豆には、炭水化物をエネルギーに変え、疲労を回復してくれるビタミンB1や、脂質やたんぱく質をエネルギーに変えるビタミンB2が含まれており、体の代謝をよくするのに役立ちます。また油揚げに含まれるビタミンEが血行を良くしてくれます。

    主材料:油揚げ(肉厚のもの) そら豆(ゆでて薄皮をむいたもの)

  • ぶりタレカツ

    • 30分以下
    • 566Kcal

    冬に旬を迎えるぶりは、たんぱく質と脂質が豊富に含まれています。特に体内でカルシウムが吸収するのを助けるビタミンDが多く、 鉄分も豊富に含まれ、貧血に改善が期待できます。また不飽和脂肪酸のEPA、DHAを含んでいて、血中のコレステロールを下げて血液の流れを良くします。

    主材料:ぶり(切り身)

  • 半熟卵とベビーリーフのサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 336Kcal

    卵には様々な栄養素がバランスよく含まれ、成長促進、代謝活動の促進、免疫力向上、疲労回復、老化防止などの効果があります。唯一ビタミンCが不足していますので、ビタミンCを含む野菜類と一緒に食べるとバランスがさらによくなります。

    主材料:卵 ベビーリーフ バゲット オリーブ油 粉チーズ

  • フムス

    • 20分以下
    • 287Kcal
    • 塩分控えめ

    フムスは、たんぱく質、食物繊維、ミネラルなどが豊富なひよこ豆に、オレイン酸が豊富なオリーブ油、不飽和脂肪酸や抗酸化作用があるビタミンEを含む練りごまを使っています。美容健康効果が期待できる一品です。

    主材料:ひよこ豆(水煮)

  • 長ねぎと鮭の酒粕クリーム煮

    • 20分以下
    • 420Kcal

    疲労気味の胃腸に油の多い料理は負担になります。クリームを、消化が良くビタミンの豊富な白みそと酒粕、豆乳で作り、また、消化が良く疲労回復のビタミンB1が豊富な鮭を具材にして、効率的に栄養を摂取しましょう。長ねぎに豊富な成分「アリシン」は、ビタミンB1の吸収を更に助け、疲労物質である乳酸を分解する作用もあるのでより効果的。免疫力向上、血行促進作用などもあるとされ、疲労回復しながら風邪予防の効果も期待できる献立です。

    主材料:長ねぎ 生鮭 じゃがいも 酒粕

  • かきとさわらの中華ねぎ鍋

    • 20分以下
    • 278Kcal

    かきに豊富な亜鉛、さわらに豊富なパントテン酸は免疫作用を高くして風邪などにかかりにくくしてくれます。更にパントテン酸はビタミンCの作用を助けてくれるので、長ねぎに多いビタミンCの酸化防止作用を高めることができます。長ねぎがたっぷり摂取でき、唐辛子のカプサイシンを重ねてとれるねぎ鍋は、食べながら汗が出るほどです。一気に風邪を追い出しましょう。

    主材料:長ねぎ かき さわら まいたけ